スマホやポケットWIFIの通信速度制限がかかる場合の対応

暇ができて、Youtubeを見ていたらいつの間にか時間か経ってて、制限かかって月末までは低速のデータしか使えなくなるなんてこと、経験ありませんでしょうか?
速度制限って困りますよね。特に現在のテレワーク時においては、トラッフィクも通常よりもふえているようで、普段より三倍以上のデータを利用する方も多いそうです。
データ容量の制限で困っている方にはおすすめな対応を紹介したいと思います。

そもそも制限ある理由は?


インターネットやデータは目で見えるものではないので、無限のようにかんじてしまうかもしれませんが、通信サービスはハードインフラの上になりたっています。通信キャリアの通信タワーからの電波を受信したり送信したりしています。ハードのインフラでに限界があります。たとえるなら雲の持っている水分のように量が限られています。なので、一部のユーザーがハイスピード通信をずっと使い続けると、他のユーザーが利用できなくなります。制限をもうけることで、ある程度回線の占拠状態を緩和し、公平になるように設計されています。

一般のデータ制限かかる規則

ドコモ、Au、Softbankのキャリアが速度制限を行う場合のパターンあります。

月々のデータ容量が決まっている

1ヶ月で50GBなど、そのデータを超えてしまうと翌月まで速度制限がかかります。

日次またはまたは三日間のハイスピードデータ容量が決まっている

日次で利用できる容量が決まっている場合は、データ容量を超えると、翌日まで制限かかります。
ポケットWIFIレンタル、またはスマホの契約するときに、データ利用が毎日同じぐらいなのか、ばらつきがあるのかで、月単位のデータ容量なのか日次のデータ容量なのかで判断するといいとおもいます。

 

速度制限かかるとどれぐらい遅くなる?

速度制限はどのタイミングでかかるか、どれぐらい遅くなるかは契約プランによってことなりますが、
概ね128kbpsが一般的な速度になっています。
弊社のサービスでは。Cloud Airのポケット WiFiは速度制限時は256Kbpsに下がります。ポケットWiFiの場合は1Mbps程度となっています。
128kbpsだとブラウザを開いて何をするにもこまりますが、256kbpsでていると、WEBページは比較的みれます、Instagramのような画像がリッチなコンテンツは利用が難しいほどおそくなります。
1Mbps程度でると、高画質の動画はみれませんが、スマホで何かをするにもストレスも少なく利用できる速度だと思います。

速度制限かかった場合の対応

速度制限のことはわかっていてもデータ容量を超えるときあります。その状況の中で自分にあっている対応の選択をしましょう。

プランの条件を確認する

制限を超えることが毎月ある場合は、自分のプランがあっていません。容量が多いプランに変更できないか確認しましょう。

データの追加のオプションがあるか確認する

データ追加のオプション結構あります。電話で、またはネットのアカウントで1GBなどの少量追加が可能です。翌月の支払い金額が少し高くなりますが、遅いインターネットで困る方にこれがいいかもしれません。

キャリアに連絡する

キャリアに連絡して速度制限は解除してくれることは期待できないかもしれませんが、どれぐらいつかっているのか、など、自分ではわからなかったデータの使いかたを提示してくれるとおもいます。それに応じた、追加のオプションを説明してもらえるメリットはあります。どうしていいのかわからない場合は契約している会社に連絡をとってみるといいお思います。

テレワークでハイスピードの高速通信がどうしても必要な方

携帯やポケットWiFIのホットスポットを利用する

無料Wi-Fiを利用する

大手キャリアが提供する無料のWi-Fiスポットがあります、無料で利用でき、契約者だけが利用できるためそれほど混雑もなく高速通信が可能です。無料Wi-Fiがあるカフェをつかうのもいいかもしれませんが。

ポケットWIFIレンタルする

速度制限になってしまうことがある場合は、プランを見直すより、プランを最低限のものにして、大量のデータがが使えるポケットWi-Fiをレンタルするというも良い手段ではないかとおもいます。
弊社では、5日からの短期のプランも提供しています。

まとめ

定期的に自分葉使っているデータ確認して管理しましょう。
それでも利用が増えてデータ容量を超えてしまう場合もあると思います。その時にはプランを見直したり、がデータを追加したりポケットWiFiレンタルしたりして、速度制限の悩みを解決するのもいいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です