新発売のモバイルWi-Fiルータ富士ソフト「FS040W」とHUAWEIの「Mobile WiFi E5785」を比較

2020年7月に富士ソフトとHUAWAIからモバイルWi-Fiルーターが発売されました。どちらの会社も製品も人気のシリーズで、レンタルWi-Fiの業界でからもとても人気のある端末です。同時期に販売されたましたが、それぞれ、富士ソフト「FS040W」とHUAWEIの「Mobile WiFi E5785」には、それぞれの方向性の違いを明確にする機能の違いがつよくでているとおもいます。それぞれの仕様を比較していみます。

 

FS040WとE5785のスペック

端末 FS040W E5785
メーカー 富士ソフト HUAWEI
発売 2020年7月 10,800円
価格 19,800円 10,800円
サイズ 76×76×19.6(mm) 108×62×17.3(mm)
重さ 142g 127g
バッテリー容量 3,060mAh 3,000mAh
連続通信時間 最大1,200分 約720分
連続待受時間 不明 約700時間
速度(下り) 300Mbps 300Mbps
速度(上り) 50Mbps 50Mbps
4G LTE FDD-LTE
B1/B3/B8/B11/B18/B19/B21/B26
TD-LTE
B41
FDD-LTE
B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B28/B32
TD-LTE
B38/B41/B42
3G B1/B6/B19 B1/B2/B5/B8
GSM 非対応 B2/B3/B5/B8
国際ローミング 非対応 対応
SIMカード nanoSIM microSIM
インターフェイス Type-C microUSB 2.0
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2×2)
同時接続台数 最大15台 最大16台
バッテリーレス駆動* 対応 非対応
ホームキット連携* 対応 非対応

*バッテリーレス駆動
バッテリーを端末本体から抜いた状態でも電源とつなげることで、通信ができます。
バッテリーの消耗を抑えられます。

*ホームキット連携
別売のクレードルと連携させるこことで、据え置き型のWi-Fiルーターとして利用可能です。
 

FS040W

FS040Wは富士ソフトというブランド力とモバイル持ち歩くようにつかうだけでなく、別売のホームキットと組み合わせることで家のWiFiルータとしてもつかえるようになっている機能があるからか、価格的には高くなっています。

E5785

HUAWEIの「Mobile WiFi E5785」はこれまでの製品の通信速度やバッテリーが改善され持ち運びをすることを特化していることが特徴ではないかと思います。
価格も安く持ち運ぶ前提で考えとHUAWEIの「Mobile WiFi E5785」はリーズナブルと感じますね。
海外でも現地SIMをさして利用することも可能です。
 
 

モバイルルーターとして

格安SIMや楽天のSIMを使ってのデータ通信用として利用を前提として、携帯することを考えるなら、価格的にもHUAWEIの「Mobile WiFi E5785」が魅力的ですね。
富士ソフトのFS040Wは大容量のSIMを契約して家でもホームルーターとして使ったりデータをシェアするための機能が強化されているので、大容量のSIMを契約できる場合はFS040Wがいいかなとおもいます。前の機種のFS030Wでも同様に別売のクレードルをつかうことでホームルーターとして使うということができていましたが、今回は利用できる端末がふえたり、ビームフォーミングが加わったり、ホームルーターとしても使えるというところに力がはいったような印象を受けます。

 
 


FS040W
19580円~
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング

HUAWEI E5785
9580円~
Amazon
楽天市場
Yahooショッピン

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です