eSIMって何?eSIMのお得な使いかた

2021年はいろいろな通信プランが提供され、これまでよりも料金も安くなる場合もあるため、契約している通信プランを切り替える人も多くなると思います。そんな中、eSIM対応するサービスも増えてくるのではないかとおもいます、楽天モバイルやIIJなどすでにeSIMでのサービスを提供しているところもあり、今後、大手キャリアも追随してくるのではないかとおもいます。
今回はこのブロクでも何度か登場しているeSIMを改めて、解説したいと思います。
 
 

eSIMとは?

eSIMはスマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMです。

通常スマホには、通信・通話に必要な契約者情報が記録された小さな接触型ICカード「SIM)」が入っています。SIMカードは契約する通信キャリアから貸与されてます。
このSIMカードをスマホやポケットWIFIに差し込み通信のために利用します。SIMカードに電話番号やデータ通信サービスが紐付いているためSIMを他のものに挿し替えるだけで、同じスマホのまま他の通信キャリアへ移行できるようになっています。

「eSIM」はスマホ内部に埋め込まれたeSIMに通信・通話に必要な情報を記録することでSIMと同じ機能を実現できるようになっています。
 
 

eSIMを使うと何が便利になるの?

eSIMが埋め込まれている端末をもっていると便利な点はインターネット経由で通信キャリアの情報を書き換えられるため、これまで必要だったSIMの差し替えなしに携帯電話会社を変更したり追加できるようになります。また、SIMカードの場合は1枚につき1つの通信キャリアとしか契約できませんでしたが、eSIMの場合は複数の契約を記録できることようにもなります。Softbankの通信を使いながら、楽天の通信もつかえるということができます。実際そのような使い方をしている人もかなりいるでしょう。海外では多くの通信キャリアがeSIMをつかってサービスを提供していています。
 
オンライン上の手続きだけで通信に関わる設定情報書き換えることができるため旅行や出張で海外を訪れたら、eSIM対応端末をもっていれば、海外の通信会社の設定情報をeSIMにインターネット経由で書き込むことができれば通信できるようになります。空港でプリペイドSIMを買ったりしなくてもすぐに使えて便利です。価格も現地の金額ですので、日本で海外対応のWIFIを借りるよりお得だと思います。
現状は現地のプリペイドSIMが一番やすいかとおもいますが。

eSIMには複数の情報を書き込めるので、サブ回線として利用したり、海外の通信を使う場合に、非常にシンプルにつかえて、便利です。
 
 

eSIMを対応端末

便利なeSIMですが、現状は対応している端末がまだまだ少ない状況です。

eSIM対応iPhone
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro MAX
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
eSIM対応Android
  • Google Pixel 5
  • Google Pixel 4a (5G)
  • Google Pixel 4a
  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL
  • Rakuten BIG
  • Rakuten Mini
eSIM対応iPad・タブレット
  • Pad(第8世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 11インチiPad Pro
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • Surface Pro LTE Advanced
  • Surface Pro X
  • ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE
  • ASUS TransBook Mini T103HAF-GR079LTE

 
 

eSIMのお得な使い方について

日本国内では、キャリアは今の所eSIM向けには市場拡大には今のところは消極的です。ですが、今後は、総務省の後押しもあることから、普及してくることが考えられます。
現状eSIM対応端末をお持ちの方でお得にeSIMを使う方法としては、楽天モバイルと契約することではないでしょうか?
eSIMというより楽天モバイルのサービスをうまく使うことが、お得な使い方です。
楽天リンクを使えば、国内無料で電話かけ放題になります。また、契約して1年間は無料なので、まだまだ楽天モバイルのエリアは狭い状況で利用できない人もいるとはおもいますが、サブ回線として無料で使える部分を上手に使えば、毎月の支払いをかなり抑えることができるのではないかと思います。

 
 

1件のコメント

  1. ピンバック: eSIMプランを提供している日本のサービス一覧 – CDJapan Rental WIFIレンタル

コメントを残す