10年落ちのパソコンをChromebookとして再利用できる軽快な無料OS「Chrome OS Flex」

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

Googleは、古いWindows PCやMacをChromebookとして再利用できる、無料のOS「Chrome OS Flex」を発表しました。
「Chrome OS Flex」は、Googleが2020年12月に買収した、Neverware社のCloudReadyを、より多くのデバイスで利用できるように最適化したOSです。
 
Neverware社がオープンソースのChromium OSをもとに開発していたCloudReadyは個人向けには無償で公開されていました、動作が軽快で、比較的古いパソコンでも快適に動作するので、古いパソコンでも利用できたため、人気でしたが、導入するPCによっては互換性問題や動作が不安定になることもありました。今回、Googleが手を加えたことにより、安定し、より多くの機能を備えた新たな無料のOS「Chrome OS Flex」が誕生しました。

 
 

「Chrome OS Flex」インストール

OSのインストールは、USBもしくはネットワークを通じて導入が可能です。また、Live USBとして、OSをインストールせずに試用することもできます。
 
 

「Chrome OS Flex」最小要件

「Chrome OS Flex」の最小要件は以下の通りです。

  • IntelまたはAMDのx86-64互換デバイス
  • 4GB以上の実行メモリ
  • 16GB以上の内蔵ストレージ

M1 Macには非対応です。
Chrome OS Flex は AMD / Intel のプロセッサーを搭載したほとんどのデバイスで動作しますが、サポート対象になるのは動作確認済みモデルのみとなります。また、サポートが終了した Chrome OS デバイスの延命措置として使用することは推奨されていません。

スペックを見てもよくわからないくても、「Chrome OS Flex」をインストール可能な対象製品一覧が公開されていますの確認しておくといいとおもいます。
インストール可能な対応製品一覧
 
 

Chrome OS と Chrome OS Flex の違い

Chrome OS と Chrome OS Flex の違いとしては、Chrome OS デバイスに含まれる Google のセキュリティチップが Chrome OS Flex デバイスには含まれない点やファームウェア更新の管理が異なる点、Chrome OS Flex では Android や Windows の VM がサポートされない点などが挙げられています。
 
 

Chromebookでできること

Chromebookは、ブラウザで完結するパソコンなので、ブラウザで使うことの出来るMicrosoft Office Onlineで資料作成が出来ます。
ブログを書いたり、WEBサービスをつかって画像を編集したりある程度のことは可能です。
仕事でなにか特別なソフトウェアをつかっているようなことはChromebookではできないですが、WEBサイトを見る動画をみる買い物をするというようなレベルだとこまることはないかとおもいます。個人でつかってないパソコンがあるなら、ためしてみるのはいいのではないでしょうか?
 
 
Chrome OS Flex
 
 

コメントを残す