Ahamoに対抗?ソフトバンクの20GBプラン「SoftBank on LINE」

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2021年02月25日15:00まで
40%OFFキャンペーン!大容量レンタルwifi

先日、ソフトバンクが携帯電話料金説明会で20GBの新プランを発表しました。月額料金はたったの2980円。 今回の説明会では、新ブランド「SoftBank on LINE」も発表されました。 これからLINEモバイルの新ルールは停止し、LINEはソフトバンクに吸収合併され、ソフトバンクの100%子会社となります。

「SoftBank on LINE」の申し込みは2021年3月から開始されます。

 

2,980円で月20GB、5分以内の無料通話:「SoftBank on LINE」

今回発表された新ブランド「SoftBank on LINE」は、ソフトバンクがドコモのahamoに正面対抗のための、新たな低価格プランと考えられます。 新プランは月額2,980円で、月のデータ容量は20GB(超過後速度は1Mbpsに制限される)が含まれており、「LINEトーク」や「LINE通話」などLINEの一部サービスをギガノーカウントで利用できるようになっています。 また、最大5分までの国内通話が無料になるほか、このプランでは4G、5G、そしてeSIMに対応できます。
カスタマーサポートについて、LINEアプリから、様々なオンラインサポートが受けられます。

これまでLINEモバイルが提供するサービスはMVNOでしたが、新ブランド「SoftBank on LINE」がMNO化されることで、通信品質は他のソフトバンクのプランと同じになり、昼休みや朝夕などのラッシュタイムの時に起こしやすい速度低下や通信切りという現象が緩和されます。

(photo from https://www.softbank.jp/mobile/special/softbank-on-line/)
 
 

Ahamoと比較してみた

ソフトバンクの「SoftBank on LINE」という新ブランドはドコモのahamoに対抗するためだと言われています。 「SoftBank on LINE」とahamoの共通点や違いは? 比較してみましょう。

まずは月額料金。ドコモahamoもソフトバンクの「SoftBank on LINE」も、月額料金はたったの2,980円で、提供されるデータ容量も同じく、月に20GBまでの高速通信量を利用することができます。 20GBを超えると通信速度が1Mbbpsに制限されますが、500円/GBで追加データ容量を購入することができ、この点では2社とも同じです。

通話については、ドコモのahamoと同様に、5分までの国内通話が無料になります。ソフトバンクでは、5分を超えても月額1,000円の追加オプションを加入すれば無料で通話可能です。

ドコモの「ahamoパッケージ」では82の国と地域で無料海外ローミングを提供しています。ソフトバンクの「SoftBank on LINE」にはこのサービスがないのですが、「LINEトーク」や「LINE通話」などLINEの一部サービスをギガノーカウントで利用できるほか、esimにも対応しています。

詳細な比較は、以下の表をご覧ください。

ahamo SoftBank on LINE
月額料金 2,980円 2,980円
データ容量 20GB 20GB
データ追加購入 500円/GB 500円/GB
データ容量超過後速度 送受信時最大1Mbps 送受信時最大1Mbps
音声通話 1回5分以内通話無料 1回5分以内通話無料
海外無料ローミング 82ヶ国 対応不可
ギガノーカウント なし LINEの一部サービスにギガノーカウント
eSIM対応

 
 

ドコモ「ahamo」とソフトバンク「SoftBank on LINE」どちらがおすすめなのか?

どちらのプランも中身はほとんどが同じなので、どちらを選んでも大丈夫でしょう。 ただ、LINEをよく使う人やeSIMに乗り換える予定がある人は、SoftBank on LINEを待つことをおすすめします。海外旅行に行く必要がある人は、海外82カ国で無料の海外ローミングできるahamoの方が向いているでしょう。
 
 

コメントを残す