自宅のインターネット回線の通信速度が早くなるIPv6

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月28日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

スマホやタブレットなど自宅でWi-Fiにつないでインターネットを利用する機会は増えています。ネットの回線速度ですが時間帯によっては速度が遅くなったりしませんか?通常のWEBサイトをみるなどではわからないと思いますが、動画を再生していると画質があらくなったり、再生がとまるなど、そんな経験ないでしょうか?
IPv6に対応した光回線になると通信速度が改善されることをご存知でしたでしょうか?
インターネットの通信方法であるIPv6について簡単にまとめたいと思います。
 
 

IPv6とは何か?

「IPv6」は、Internet Protocol Version 6の略です。「プロトコル」は、インターネットでコンピューターが情報の送受信をする際に用いるルール。
インターネットに接続しているスマホやパソコンには「IPアドレス」と呼ばれる識別番号が付きます。情報を表示させるために必要な、ネット上の住所みたいなものです。今までは「IPv4」と呼ばれるプロトコルがIPアドレスを管理していましたが、近い将来そのIPアドレスが使い尽くされて不足してしまうため、新しいプロトコル「IPv6」が誕生しました。

IPv4では43億個のアドレスがありましたが、IPv6ではケタ違いに増えてなんと340澗(かん)
ちなみに澗は10の36乗という途方も無い数値です。
これぐらいのアドレスが管理できるなら事実上枯渇することはないと考えられています。
 
 

なぜIPv6を使うと通信速度が早くなるのか?

IPアドレスの置き場所が増えただけのIPv6でどうして通信速度がこれまでよりも速くなるのでしょうか?これは接続の方式が違うことにあります。現在幅広く普及しているIPv4では、「PPPoE」と呼ばれるプロトコルでインターネットに接続していますが、IPv6ではその「PPPoE」に加えて、「IPoE」というプロトコルも使うことができます。このプロトコルが従来より早いアクセスを可能にします。
 

IPv4:PPPoE接続
Point-to-Point Protocol over Ethernetの略。イーサネットを使ってPPPというプロトコルを伝送する通信方式。
 

IPv6:IPoE
IP over Ethernetの略。イーサネットを使ってIPパケットを伝送するインターネットの通信方式。
 

IPv6では、従来のPPPoEに加えて、別の接続方式であるIPoEによって利用者の少ないIPv6の接続口を通過させて混雑を回避することができます。ようするに単純に空いている接続口を利用しているから速く感じるということになります。

基本的にIPv6とIPv4では理論値とされるこの回線速度には変化はありません。
ですが、IPv6を利用すれば回線の混雑が起きにくくなり、回線が安定して速度改善が期待できるようになります。
 
 

IPv6の利用状況を確認する方法

今使っている回線がIPv6を利用しているかを確認することができます。
IPv6の利用状況を確認するサイトがあります。
IPv6の接続状況を確認する
こちらを確認してみた結果IPv6を利用していないという結果がでて、速度を早くしたいと考えていらっしゃるならIPv6の申し込みをしましょう。
 
 

IPv6に対応する光回線をつかいましょう

IPv6を利用するためには光回線への申し込みのほか、プロバイダーへの申し込みと準備が必要です。
プロバイダーへの申し込みは、IPv6/IPoEに対応しているプランを選ぶ必要があります。選ぶ際の注意点としては、プロバイダーがIPv6接続オプションを提供していて、かつ「IPoE対応」であること。IPv6対応であっても、接続方式がPPPoEのみのプロバイダーであれば、速度改善の期待はできないので注意が必要です。
IPv6対応の通信機器であるモデムやルーターも必要となります。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です