クラウドストレージって何?そのメリットと注意点を徹底解説!

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月28日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

ビジネスにもプライベートにも欠かせないクラウドサービス。皆さんがよく使っているTwitterやLINE、Gmailさえもクラウドサービスの一種です。リモートワークやテレワークが推奨される現在、クラウドサービスのニーズはどんどんたかまってきております、そのなかでもクラウドストレージの重要性もかなり高まってきています。
クラウドストレージという単語、皆さんご存知ですか?

この記事では、クラウドストレージの意味や使い方法、そしてメリットと利用している際注意すべきことをなるべく徹底的にご紹介していきます。

クラウドストレージはネットにデータを保存する便利なサービス

 

クラウドってなに

まずはクラウドについてご説明したいと思います。

最初から生み出したのは、クラウドコンピューティング(Cloud Computing)というサービスで、略として「クラウド」と呼ばれることが多いです。インターネットなどのコンピューターネットワークを経由して、多くのコンピューターサービス単体を繋がり、一つ大きなサービスシステムとして動くこと、それが「クラウド」というサービスです。
簡単に言うと、インターネットさえあれば、いつでもどこでも同じデータの利用や保存、操作することができることです。
そのデータ保存システムは、クラウドストレージという便利なサービスです。

クラウドストレージはどう使う?

利用可能なクラウドストレージサービスはいくつあります。
おなじみのGoogle Driveを例として説明しますね。
ホームページの左上には「新規」のボタンがあります。
ファイルをアップロードする際、「新規」ボタンをクリックして、出されたメニューで「ファイルをアップロード」を選択すれば、ファイルのアップロードが完成です。

もっと簡単にしたい場合、ファイルをドラッグ&ドロップだけでファイル追加できます。

ダウンロードする際は、ファイルを右クリックして「ダウンロード」を選択すればokです。

ほかのサービスもだいたいのパタンでファイル操作ができます。さらに、パソコンがなくても、インターネットにアクセスできるスマホやタブレットがあればファイル操作もできます。

便利ですよね。

ここからは、クラウドストレージサービスのメリットをご紹介していきます。

クラウドストレージサービスのメリット

 

スマホやパソコンのディスク容量制限から解放される

データが増える一方、それは企業でも個人でも同じです。しかしパソコンやハードディスクにはデータ容量上限があり、データが増えるとファイルサーバーやリソースに負担がかかってきます。増えて続けるデータをクラウドに移行することで、ディスク容量やリソースも解放され、サーバーへの負担も軽減できます。

機械故障になってもデータを紛失しない

万が一、パソコンが故障して起動できなくなったら、一般的にはパソコンが修理された時まで保存されているデータを手に入れることが不可能です。クラウドストレージを利用していると、自分のパソコンが壊れてもクラウドにあるデータも紛失しません。別の機器があれば、クラウドストレージにアクセスするだけで済むことで、仕事に支障は出ないし、大切なデータも安心に管理されています。

共同作業が可能

数人で同じプロジェクトを推進している場合、クラウドストレージにフォルダを作成して共有すれば、メンバー全員の誰でも最新のファイルを参照することができます。ファイルの発送や受取にかかる時間も節約でき、共同作業がしやすくなります。

ファイル送るのも手軽

メールで相手に添付ファイルを送るとき、ファイルの共有可能なリンクを取得して相手に送れば、メールにアップロードしないようにファイルを送ることができます。ですがメールでの添付するには受け取り側がファイルの上限を定めていることも多く、受け取れない場合もあります。そのような場合は、はクラウドストレージを利用すれば、手軽く解決できます。

クラウドストレージを利用しているときの注意点

クラウドストレージにもデメリットはあります。

基本はオンラインでしか使えない

クラウドストレージはインターネット経由して成り立つサービスです。オフラインになると、クラウドストレージに保存されるデータは失わないものの、参照や共有などの利用は不可能です。

セキュリティリスクがある

サーバダウンやサイバー攻撃による情報の流出や盗聴のおそれがあります。もちろん、クラウドストレージだけではなく、すべてのインターネットに接続している機器やサービスも同じリスクを直面しています。

ストレージ容量制限がある

クラウドストレージはあくまでのサービスなので、無限に無料で使えるものではありません。多くのクラウドストレージサービスには、容量限られストレージスペースを無料で提供していますが、それ以上のストレージがほしい場合は有料になります。

 

クラウドストレージおすすの使い方

頻繁に利用するファイルなどはローカルディスクに保存し、紛失したら大変になるデータをクラウドストレージにバックアップとして保存すること。
大事なデータにパスワードなどの「鍵」をかかることもお忘れなく。
大切なデータもバックアップがあり、テレワークでも出社勤務でもより安心ですね。

 

まとめ

クラウドストレージのメリットやデメリットを理解している上、その両方をあわせて検討してください。
クラウドストレージの高い効果を引き出して、より便利なインターネット生活を楽しんでいきましょう。

クラウドストレージでのファイルのやり取りにはWiFiを使いましょう

スマホなどで大きなデータをクラウド上にアップしたりダウンロードを行っていると、速度制限担ってしまう可能性が高くなります。
ファイルのアップロード、ダウンロードに関しては、カウントフリーなどのサービスはいまのところありません。
クラウドストレージなどを利用する場合はWiFi環境で行うようにしましょう。
CDJapan Rentalは、テレワークでも利用可能な大容量高速通信のレンタルWIFIを提供しております。
セキュリティ面には接続パスワードや無線通信の暗号化など、基本的なセキュリティ対策が施されています。
レンタルなので届いたらすぐ使えて、短期間、長期の利用にも最適です。
大容量!レンタルWiFi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です