【一人暮らしのインターネット基礎】引越し際のインターネットの固定回線の手続き

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月15日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

引越しの際、水道、ガスといった公共料金の手続きと同様、インタ-ネットを使うための固定回線の手続きもしなければなりません。どうすれば手続きを順調に済ませられるのでしょう?。何を事前にに確認しておくといいのでしょうか?

引越し時のインターネットの回線の手続きは大きく分けると三つになります。

  • 現在のプロバイダー・回線を継続して利用する場合
  • 現在のプロバイダー・回線を解約する場合
  • 新規のプロバイダー・回線を契約する場合

固定回線の引越し時の注意点を紹介していきましょう。

 
その前に…
 

手続きをする前にまずはプロバイダー・回線業者との契約を確認してみましょう。
通常はプロバイダー・回線業者の両方と契約しているはすです。解約などの手続きはプロバイダー・回線業者にそれぞれに連絡し、別々で手続きをしなければなりません。一方、プロバイダーに通して回線業者とセットで契約していることもあり、その場合はほとんどプロバイダーにお願いして、一括して手続きをします。

 

現在のプロバイダー・回線を継続して利用する場合

 
現在のプロバイダー・回線をそのまま新居で使いたい場合、以下の流れで手続きをしましょう。
 

新居で現在の回線を利用できるか確認

引越し先の管理会社や大家さんに、どんなプロバイダー・インタ-ネット回線を導入したのかを確認しましょう。もし現在利用しているプロバイダーと回線が既に導入されていたなら、移転して同じプロバイダーと回線を継続して使えるかもしれません。

ほかには、現在のプロバイダーや回線業者に問い合わせることで引越し先には現在の回線が導入されているのかも確認できます。

 

プロバイダー・回線業者に移転、継続することを伝える

セットで契約するならプロバイダーに、別々で契約したら別々に電話して、移転、継続の旨を伝えましょう。

その電話で、引越し日や移転希望日を伝える以外、移転/継続できるかどうか、移転費用がいくら、レンタルしている機器がある場合は返却が必要かどうかも確認しましょう。

 

現在のプロバイダー・回線を解約する場合

 

現在のプロバイダー・回線を解約して、新居で新しいプロバイダーや回線を利用して新規特典をもらいたい、またはポケットWiFiを利用したい場合は、以下の流れで解約手続きをしましょう。

 

違約金の確認

解約時期によって、違約金かかる場合もあります。解約する前、きちんと契約と公式ページを見て、近頃解約すると違約金があればその金額と、違約金が無くなる解約日まで使う料金を比べて、解約日を見直しましょう。

 

プロバイダー・回線業者へ連絡

解約するには現在のプロバイダー・回線業者と連絡しなければなりません。連絡をする時、レンタル機器の返却必要かどうか、撤去工事の有無、または残りの料金の支払いはどうなるかを確認しましょう。

 

プロバイダーで取得したメールアドレスをそのまま使いたいなら

プロバイダーを解約してもそのプロバイダーが提供するメールアドレスをそのまま使いたいなら、各プロバイダー会社がメールアドレス継続プランを用意しているので、300円~500円で現在のメールアドレスを変更せず使い続けられます。ぜひ確認してみてください。

 

新規のプロバイダー・回線を契約する場合

 

以前はポケットWiFiを使って今後はインターネット回線を契約したい人はもちろん、別のプロバイダーや回線業者から乗り換えようと思っている人も、新しいプロバイダーや回線業者には新規契約とします。
この場合は、以下の流れで新規契約手続きをしましょう

 

プロバイダー・回線を選ぶ

まずは各公式サイトを見て(あるいは各会社に直接電話をする・店舗で直接に説明してもらう)、自分に向いている回線とプランを選ぶことです。
ただし、自分に向いている回線はどんな基準に選べばよいのでしょうか。
個人的に言うと、基準は大きく以下の三つの基準に分けられます。

通信速度・料金・地域

一番重要なのは通信速度だと思います。YoutubeやNetflixなどの動画サイトでで動画を見ているとき、オンラインゲームをプレイしているとき、比較的に高速で安定したネットワークが望むのでしょう。通信速度が低くと20分の動画を見るには半時間から一時間かかることもあったり、オンラインゲームをしている中いきなり動けなくなったり、いろいろな不便がありますね。

通信速度はどれくらいあれば快適?知っておいて損はない通信速度の目安


高速で安定なインタ-ネットを提供しても会社によってプランの料金や新規特典が違います。サービス内容、毎月の料金と新規特典や割引を確認してからの契約が一番おすすめです。

また、引越し先によって契約したい回線やプロバイダーが対応できない地域もあるので、事前に確認しましょう。

 

プロバイダー・回線業者へ連絡

契約したいプロバイダーや回線を決めれば早速業者に新規の申し込みを連絡しましょう。
一般的に新規の申し込みは電話かインタ-ネットで済むことが多いが、店頭で受け付けている業者もいます。
お好きなやり方にすればいいのでしょう。

 

工事の詳細の確認

回線を新規申し込みには工事が必要になるのはほとんどです。工事の回数、工事をする日付と時間、立会いは必要かどうかを確認しましょう。

引越しの繁忙期や人気な回線を選ぶとき、申し込みから工事が終わるまで時間をすごくかかることもあります。そのときに業者さんに回線を開通前のネット対応を確認するのがおすすめです。たとえば、とある会社は工事が終わるまで工事不要のWiFiを無料で貸し出すことができ、とある会社は低価格でポケットWiFiをレンタルできます。

業者さんからサポートもらわない場合、弊社CDJapan Rentalで高速無制限WiFiを短期レンタルするのはいかがでしょうか。
5日~1ヶ月程度の短期間だけレンタルするのもできます。

無制限のWIFIで日本中どこでもつながる
2年、3年縛りなし
短期契約(1ヶ月から)
期間の延長も自由自在
面倒な初期設定無し

現在、SOFTBANK プランもCloudAir プランも30%OFFキャンペーン中!
詳しくはこちら:

インタ-ネットの引越しにおけるほかの注意点

 

いつプロバイダー・回線業者に連絡すればいい?

現在のプロバイダー・回線をそのまま新居で利用するには、回線停止と回線開通の手続きや住所変更の手続きがあり、必要時間を各業者のホームページで確認しておきましょう。回線の乗り換えにも旧回線の解約と新回線の新規契約の手続きがあり、新規回線の工事にも時間かかります。連絡から開通まで、1ヶ月を目安と言われていますので、少なくとも引越しの1ヶ月前に手続きを始めると安心です。

 

いつまで使えるか、いつから使えるか、工事はどれくらい時間をかかるかを確認

もうひとつ確認すべきことは、インタ-ネットの利用できる日程ですね。特にテレワーク中や在宅勤務が多い方には、1日でもインタ-ネットが使えなくるのも不便なものです。旧居のインタ-ネットはいつまで使えるか、新規回線の工事はどれくらい時間をかかるか、新居でいつからインタ-ネットを使えるかを確認し、ネットワークが途切れないように日程の調整やレンタルWiFiなどの対策を行いましょう。

まとめ

 

インタ-ネットの引越し手続きは、大きく分けると三つになります。

  • 現在のプロバイダー・回線を継続して利用する場合
  • 現在のプロバイダー・回線を解約する場合
  • 新規のプロバイダー・回線を契約する場合

それぞれの対応方法には違いがありますが、手続きや開通工事には時間かかりますので、少なくとも引越しの1ヶ月前に業者への連絡や手続きを開始すると安心です。

現在のインターネットが使えなくなり、新居のインタ-ネット工事まだ終わっていない時期には、弊社CDJapan RentalのWiFiレンタルサービスをおすすめします。

1件のコメント

  1. ピンバック: モバイルWi-Fiとは何か?ポケットWi-FiとWiMAX – CDJapan Rental WIFIレンタル

  2. ピンバック: 【一人暮らしのインターネット基礎】自分でWiFiルーターを設定しよう – CDJapan Rental WIFIレンタル

  3. ピンバック: 光回線の料金の平均っていくら?料金を節約する方法 – CDJapan Rental WIFIレンタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です