格安SIMカードを使いたい人に必見!なぜ格安SIMは安いの?MNOとMVNOって何?

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2021年02月25日15:00まで
40%OFFキャンペーン!大容量レンタルwifi

総務省のアクションプランに従って大手携帯通信会社が提供するスマホ料金プランはやすくなりました。しかしながら、品質は申し分ないとしても、割引なしでは、月額5000~7000円前後の価格帯になります。しかしながら、格安SIMを利用すれば、月額が三分の一の2000円以下になります。

格安SIMは、MVNOと呼ばれている通信企業が提供しており、月額はMNOと呼ばれる大手通信会社が提供しているプランの価格より大幅に安くなっています。

格安SIMは、なぜ「格安」でサービスを提供できるのでしょうか?MVNOとMNOは一体どういうことでしょうか。

MNOとは?

MNOとは「Mobile Network Operator」の略で、日本語では「移動体通信事業者」と訳されています。現在、MNOと呼ばれるのは、KDDI(AU)やDOCOMO、ソフトバンク、楽天モバイルの大手携帯通信会社だけで、普段は「キャリア」と呼ばれることも多いです。

その大手通信会社の共通特徴は、総務省から一定範囲内の周波数帯を割り当てられて、自分で構築して維持している回線網と基地局を介して、電話サービスを提供しています。多くのキャリアユーザーが電話やSMSを利用できること、インターネットにアクセスしていろいろな情報を見られることも、大手キャリアの通信サービスがあるためです。

しかし、巨大な通信網と多数の基地局を構築や維持するため、莫大な金額が必要となるため、キャリアみたいな大企業ではないなかなか、運営することができません。

MVNOとは?

MNOと比べると、MVNOはVが一つ多くなります。MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語で言うと「仮想移動体通信事業者」ということになります。

MVNOとMNOの違いは、Virtual、すなわち「仮想」であるかないか、です。MVNOと呼ばれている通信会社は、自社の通信網や基地局がなく、MNOの大手通信会社から回線を借りて、通信サービスを提供しているのです。

総務省によると、MVNOの定義はこのようになります:

MNOの提供する移動通信サービスを利用して、又はMNOと接続して、移動通信サービスを提供する電気通信事業者であって、当該移動通信サービスに係る無線局を自ら開設しておらず、かつ運用をしていない者。

(出典:https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2002/pdf/070221_1.pdf )

MVNOとMNOの判別は、自社の回線を持っているかどうか、ということです。

格安SIMは安い理由

それでは、なぜ格安SIMを提供するMVNOは大手キャリアより安くサービスを提供できるのでしょうか?

MVNOは大手キャリアから回線を借りることで、回線の構築や基地局の設置などの投資がありませんし、自社の回線が持っていないため、回線と通信網を維持する支出も不要となります。

唯一の費用はMNOに支払わなければならない回線レンタル費ですが、回線の構築や維持の費用と比べてはかなり安くなります。そして借りている回線をできるだけたくさんの利用者に提供することで、MVNOは「格安」でサービスを提供できるようになっています。

ただ、MVNOの通信品質は、キャリアと比べると、利用者数を最大限増やしている状態なので、利用者が増えるお昼の時間や夜の時間たなどには、たくさん利用者が増えるため、道路に例えると、渋滞が起きて、通信速度が遅くなります。スマホで実際に使ってみると、ちょっと体感する程度に速度は落ちることがありますので、回線品質にこだわりがある方には、やはり本物のMNOをおすすめします。

格安SIM(MVNO)のメリットとデメリットは、こちらの記事にご紹介しましたので、よろしければご覧ください。

格安SIMを提供しているMVNOってなに?

キャリアの値下げに伴いMVNOも値下げに

大手キャリアが通信容量を増やし月額を下げてきました。品質ではどうしてもキャリアには勝つことができないMVNOはさらなる低価格の料金プランを2月から開始することがでてきています。

月間5GBで1500円以下というとんでもないプランです。今後は、5GBあたりのMVNOのプランがどんどん安くなってくることが想定されます。

スマホのデータ量が足りないときには?

格安SIMなど、安く使っても、データ容量が足りないこともあります。キャリアは無制限プランを提供を開始しますが、テザリングなどには条件がある場合もあり、パソコンで動画をたくさん見るというような人にはスマホのテザリングだけでは難しい場合もあると思います。

よく動画を観たり、オンラインで音楽を楽しんだりする方には、データ容量が足りないと感じ場合は、WIFIのレンタルをおすすめします。

さらに、MVNO・格安SIMの最大なデメリットとして、混雑時に極端に通信速度が落ちてしまうことは頻繁に起こりますが、レンタルWIFIではそのようなこともありません。

弊社CDJapan Rentalでは半年契約のプランが大変人気となっています。一番注目されたメリットはこちら:

  • 1ヶ月あたり150GB~となっており、一般的なポケットWiFiと比較するとかなり大容量プランを提供
  • 契約期間の縛りがなく、期間の延長ももちろん可能

在庫に限りがありますので、ご興味あるかたはお早めに!

コメントを残す