WiFiの2.4GHzと5GHzの違いって何?

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月15日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

Wi-Fiの電波には、「2.4GHz」と「5GHz」の2つの周波数帯があります。

各自のメリットとデメリットがあります。

特性を理解して使い分けていけば、よりインタネットを快適に利用することができます。

 

ここでは、WiFiの2.4GHzと5GHzのそれぞれの特徴やお勧めの使い方などを紹介していきます。

 

2.4GHzの特徴

 

2.4GHzのメリット

まずは「2.4GHz」のメリットを紹介します。

「2.4GHz」は障害物に強い周波数になっておりますので、電波が遠くまでやすく届けます。

特に厚い壁や障害物も越えられて、立体的に電波が向かいていて、

部屋の隅や天井の上でもつながることもあるでしょう。

広い一軒家で各階層で複数の人が同じWiFiを利用できるのが一番のメリットです。

 

2.4GHzのデメリット

ただし、WiFiだけでなく、様々な家電製品・電子機器で利用されているため、

他の機器との干渉を受け、速度低下を起しやすいです。

そばに電子レンジやBluetoothを設置している機械があれば、電波干渉が起こり、

速度が低下になってしまうこともあるでしょう。

 

5GHzの特徴

 

5GHzのメリット

「2.4GHz」と比べて、高速で安定した通信が可能ということが最大なメリットです。

WiFi専用の周波数帯なので、対応している家電や機器が少なく、

ほかの家電が出す電波による干渉を受けることがほとんど受けず、安定的に通信を行うことができます。

「5GHz」の周波数は高いため、通信速度自体は「2.4GHz」より速い点も魅力的でしょう。

 

5GHzのデメリット

ほかの電器が出す電波に干渉せず比較的に安定した電波ですが、

一方、「2.4GHz」と違って、あんまり遠くまで電波が届かず、障害物や壁にも弱いです。

また、立体的な電波ではなく、直線で進む電波であるため、

一軒家で各階層で同時に利用する場合、電波が届けないところもあります。

新しい技術のため、現在対応できない機器も少なくないです。

古い携帯電話やゲーム機、パソコンさえ接続できない機種もあるので、

ちゃんと「5GHz」の高速通信を利用できるかどうか機種を確認してみましょう。

 

お勧めの使い方

 

「2.4GHz」は障害物や壁に強い特性があるので、設置した場所もある程度で自由です。

集合住宅や一軒家、複数の人が同時に使用する場合、「2.4GHz」をおすすめします。

一人暮らしや、障害物が少なく、狭い家でWiFiを設置したい場合は、

高速で安定した通信ができる「5GHz」を使いましょう。

 

まとめ

 

今回はWiFiの2.4GHzと5GHz、それぞれのメリット、デメリットと使い分け方を紹介しましたが、

いかがでしょうか。

ちゃんと各自特性を理解し、状況によって使い分けできたら、

より安定したインターネットを使えて、今以上の便利な生活を暮らしていきましょう。

1件のコメント

  1. ピンバック: インタネット回線が遅くなったときどうする?原因と解決策を徹底解説! – CDJapan Rental WIFIレンタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です