電波が弱い、通信が遅い場合は家庭用のWi-Fiルーターの設置場所を変えてみよう

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月28日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

光回線を引いている人は「Wi-Fiルーター」も使っている人多いと思います。Wi-Fiルーターがあると、パソコンやスマートフォン、テレビ、家電などもWiFi経由でインターネットに接続して、操作をしたり、便利に利用することが出来るようになります。それらのデバイスのキーとなるのがWi-Fiルーターですが、このWiFiルーターで時々、電波が届かない、速度が遅いという現状になやまされることってないでしょうか?
そういう場合は、WiFiルーターの設置場所を変えてみると改善する場合があります。
今回は、家庭用のWiFiルーターの設置場所で気をつける点をまとめていきます。

家庭用Wi-Fiルーターの電波改善の設置場所のポイント

設置場所は床や壁からから離す

Wi-Fiルーターは360度の方向に電波を発信します。床に置いたり、壁に設置しておくと、電波が広がらりが弱くなります。床や壁からすこし離れた場所にWiFiルーターをせってしましょう。

WiFiルーターは囲わないようにしましょう

金属やコンクリートや断熱材は電波を大きく減衰させます。金属製ラックなどの中にWi-Fiルーターを置いている人も多いと思いますが、金属は電波を減衰させてしまいます。WiFiの電波が届きにくい、速度が遅いという人は、WiFiを囲むような起き方はやめましょう。

電波が届かない場合

設置場所を変えても電波が届かないなどの場合は、中継機などを利用することで、WiFiの電波が届く範囲を拡大することができます。
家庭用WiFiの電波範囲を広げる中継機を検討してみるのもいいと思います。

ホームルーターの電波改善の設置場所のポイント

携帯電話会社のモバイル回線を使う据え置き型の「ホームルーター」を利用しているひともいるかもしれませんが、
家庭用WiFiルーターと同じような対応が必要となります。

窓側に設置しましょう

ホームルーターの場合は家庭用WiFiルーターの役割を果たしますが、有線回線基地局からの電波を掴む必要があります。
金属や、コンクリート、断熱材に囲われた場所に設置すると基地局からの電波も届きにくくなるため、ホームルーターは窓側に置いてなるべく基地局からの電波をつかみやすいようにしましょう。

設置場所は床や壁からから離す

ホームルーターも家庭用Wi-Fiルーターと同じく基本的には360度の方向に電波を発信します。床に置いたり、壁に設置しておくと、電波が広がらりが弱くなります。床や壁からすこし離れた場所にWiFiルーターをせってしましょう。

WiFiルーターは囲わないようにしましょう

金属やコンクリートや断熱材は電波を大きく減衰させます。金属製ラックなどの中にWi-Fiルーターを置いている人も多いと思いますが、金属は電波を減衰させてしまいます。WiFiの電波が届きにくい、速度が遅いという人は、WiFiを囲むような起き方はやめましょう。

まとめ

家庭用WiFiルーター、ホームルーターは設置場所を気をつけると電波状況が大きく改善しますので、電波が弱い、速度が遅いと感じる人は、設置場所に注意してみてください。

1件のコメント

  1. ピンバック: メッシュWiFi ってなに?そのメリットとデメリットも紹介! – CDJapan Rental WIFIレンタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です