メッシュWiFi ってなに?そのメリットとデメリットも紹介!

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月28日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

皆さんのおうちにWiFi環境は構築されていますか?
巣ごもりがつづいて家族分のスマホをWiFiについで、タブレットや家電もWiFiにつなぐと、WiFiの速度が遅くなったり、電波が届かない場所があって不便におもったりして、WiFi環境を見直したいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一戸建てのお家で1階にWiFiルーターを設置していた場合、2階の部屋に行くと、WiFiの電波が突然切れてしまったり、WiFiルーターを設置している部屋から遠ざかると電波が弱くなったりしますよね。

こういった状況を改善する方法の一つとして、メッシュWiFiという方法があります。

メッシュWiFi について今日は解説していきたいと思います。

 
 

家庭のWiFi環境のここが残念

一般の家に光回線の直下には一台ルーターがあります。このルーターはインターネットの各種接続設定を入れた中心となる存在なので、親機と呼びます。
このルーターからのWiFiの電波は思っている以上には広がりません。

以前もご紹介しましたが、WiFiの電波の届く距離には限界があり、障害物や壁があると電波が弱くなったり切れてしまったりこともあります。よって、WiFiの電波が届かない場所もあり、届いても突然切れてしまう場所もあります。

特に一軒家で各階層で同時に利用する場合、親機1台だけでは家の特定の部屋でしかWiFiを使えないことも多いでしょう。

インターネットを快適利用したいには、このような環境はやはり足りません。

電波が弱い、通信が遅い場合は家庭用のWi-Fiルーターの設置場所を変えてみよう

 
 

中継器は使える?

WiFiが届かない問題を解決する手段の一つがWiFiの中継器。
中継器は親機の電波を掴んでその周辺に同じく円形に電波を発します。中継器を中心に電波の届く場所が拡大でき、 WiFiが使えなかった部屋でも WiFiが使えるようになります。
実際中継器を利用しているという方も多いのではないでしょうか
 

しかし、中継器には弱点があるのです。
 

従来の中継器の役割は電波エリアの拡大だけです。
電波エリアの拡大と伴い、同時にインターネットにアクセスできる機器も増えます。

通信経路処理などはもともと親機の仕事なので、パソコンやスマホなど複数の作業を同時に行うと親機の負担も一気に上がって、動きが悪くなることも発生します。すると親機の処理能力が落ちて通信速度も低下や不安定になってしまいます。
中継機に接続するためににはSSIDを手動で選択して接続しなおさなければならないという手間もあります。
 
 

メッシュWiFiのメリット

ここでいよいよメッシュWiFi の登場です。
仕組みを見れば、メッシュWiFiにも親機と中継器があり、一見すると従来の中継器と何も変わらないように見えますが、実は、その役割りが変わります。

従来の中継器の場合、ルーターの通信経路処理は親機一人の仕事ですが、メッシュWiFiでは中継器も本来のルーターのお仕事をしてくれるのです。すると今までは親機一人に負担がかかってい仕事が分散されるので、親機の負担が軽くなりました。
 

これで家の中には複数の接続機器があり、普段電波が届かない場所でも安定な通信ができ、これがメッシュWiFi のメリットになります。
さらに、どんな中継器と繋いでも端末側に改めてネットワーク名を探してパスワードを入れる必要はありません。
 
家中どこでも、SSIDなど変更しなくても繋がるのがメッシュWIFIです。これで楽になりますよね。
 
 

メッシュWiFiのデメリット

メッシュWiFiにデメリットもあります。
メッシュWi-Fiは、電波を各中継器に分けて送るため、わずかに速度が落ちる点もデメリットと言われています。
速度を追い求めるような方はメッシュWiFi はちょっと向かないかもしれませんが、それはルーター1台が出せる最大能力に対しての話です。最大能力を引き出すことはできませんが、複数の端末が一台のルーターに接続するときの速度と比べるなら、中継器が負荷を分担してくれるメッシュWiFiのほうが快適です。
 
メッシュWiFiの親機と中継機を買うには台数分の費用がかかり、基本的には同じメーカーの同じ機器同士となります。従来の中継器と比べると、価格も高価になります。
2020年現在では、かなり料金も下がってきています。
 
これまでお伝えした通りメッシュWiFiの最大のメリットは家のどこでも快適にインターネットを使うことです。
親機一つで十分な環境、つまりワンルームや1KなどではメッシュWiFiを検討する必要はないかと思います。
 
 

まとめ

メッシュのメリットとデメリットをご紹介しました。いかがでしょうか。
ニーズと興味がある方にはメッシュWiFiを検討してみてください。

ただし注意すべき一点もありますが、従来の中継器と同じく、メッシュWiFiの中継機はどこに置いてもいいというわけではありません。
普通のルーターと違いがなく、メッシュWiFiの電波も障害物などに影響されやすいです。親機と中継機の間に障害物が多すぎたりすると、電波が弱すぎたり、性能をうまく引き出せなったりすることにもなります。ご注意ください。
 
 

一番おすすめなのはレンタルモバイルWiFi

ここで我々のサービスの告知をさせてもらいます。
CDJapan Rentalは、テレワークにもおすすめなレンタルWIFIを提供しております。
重要しないといけない「通信品質」と「データ容量」は十分みたしており、フルタイムのテレワークにも対応し、いろいろな企業様や個人の方から利用をいただいております。
セキュリティ面には接続パスワードや無線通信の暗号化など、基本的なセキュリティ対策が施されています。
レンタルなので届いたらすぐ使えて、3年縛りなどもなく、短期間、長期の利用は全部可能です。
よろしければ、こちらのリンクをご覧ください。
テレワークにも最適!短期大容量レンタルwifi
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です