洗濯機上のデッドスペースにかんたん設置できる格安の「衣類乾燥機」

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

一人暮らしで洗濯をして天候が悪い日が続くと衣類の乾燥がきになるところではないでしょうか?
梅雨の時期など特に湿度も高く、天日干しもできないと、衣類が臭ってきたりします。今回紹介したいのは、洗濯器の上のデッドスペースを有効活用できる格安の衣類乾燥機です。
ランドリーラック型の衣類乾燥機「ちょい足し衣類乾燥機」がサンコーのより発売されました。
価格は16800円と乾燥機として利用可能なのに格安です。
 
 

ちょい足し衣類乾燥機


洗濯機の上のデッドスペースを有効活用できて、簡単に設置できる衣類乾燥機です。
ラック部分に、温風の出るヒーター部とエアバックを取り付けるだけで乾燥機として機能します。
中に洗濯物をハンガーで掛けて電源を入れれば、温風が循環して乾かしてくれます。
 
 

電源はダイヤル式で、回すと同時にタイマーが作動し、最大90分までの時間設定が可能です。エアバック内はYシャツ最大5枚分がまとめて乾燥でき、5枚で最短約35分、1枚なら約20分で乾燥が完了。幅60センチのバスタオルなども中に干せます。
 
 

ラックは伸縮が可能なので、環境に合わせて設置することができます。
タイマーは左右で付け替えが可能なのもポイント。
省電力なのも考えられた商品です。

 
 

THANKO ちょい足し衣類乾燥機
¥16,800
本体 : 約 135×180×180(mm)
エアバッグ : 約 560×560×800(mm)
ラック:約 640 ~ 800×500×2000(mm)  
重量約 5.3kg
洗濯機の上のわずかなスペースで衣類の乾燥が行えるランドリーラックタイプの衣類乾燥機。
様々な条件でも設置ができるようにラックの幅は640~800mmに伸縮できるようになっています。
洗濯機で洗った後、そのまま衣類乾燥にかけられるので、干しに行く手間を省けます。
乾燥機を設置する場所がない、部屋干しだと時間がかかる、外に干すと花粉が心配。Yシャツや作業着をしっかりと乾かしたい、バスタオルの湿気を早く飛ばしたい、子供の体操服をすぐに乾かしたい。そんな方にお勧めの『ちょい足し衣類乾燥機』です。

 
 

コメントを残す