入院に役立つレンタルWi-Fiの選び方

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月15日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

入院中は時間をあるので、動画やネットサーフィンをする時間も増えると思います。大抵の病室にはWiFiのサービスなんてありませんので、スマホをつかって長時間通信していると速度制限の対象にもなってしまうので、注意が必要です。入院などの短期間のWi-Fi環境としてはレンタルWi-Fiがとても便利です。
今回は入院するときに使えるレンタルWi-Fiの選び方を取り上げたいと思います。
 
 

入院に役立つレンタルWi-Fiの選び方

入院される場合は以下の3つのことを気をつける必要があるとおもいます。

  1. 病院でスマホなど使用の可否
  2. 病院の電波状況
  3. モバイルWi-Fiのデータ容量

 
 

病院でスマホなど使用の可否

病院で入院中にスマホを使ってはいけないということは最近ではあまりないとおもいますが、スマホやモバイルWi-Fiなど電波を発する機器を禁止していないかどうかは確認をしておく必要があります。禁止されているような病院の場合は、持ち込むことができませんので、モバイルWiFiをレンタルしても意味がありません。
 
 

病院の電波状況

病院はとても頑丈に作られており、入院する部屋もしっかりした建造物の中になります。WiMAXの場合建物内での電波がつかみにくいとという特性があります。一方、4G/LTEに対応しているモバイルWiFiのほうが、WiMAXと比較するとエリアも広く、建物の中でも繋がります。自分がもっているスマホの電波がつながるところであれば、通信可能ですし、入院前に病院に確認しておけば、レンタルWiFiを利用してネットをつないでいる人もたくさんいるので、教えてくれると思います。4G/LTEに対応しているモバイルWiFiルーターを選びましょう。
 
 

モバイルWi-Fiのデータ容量

入院中時間もある方は、映画をみたりすることもあるとおもいます。1日あたりの使える容量が限られているレンタルWiFiよりも、月間での使用量が決められているレンタルWiFiのほうが1日に使えるデータ容量に制限がないためいいとおもいます。1日に2時間の映画を2本高画質で見るとなると2GBから3GB程度のデータ容量が必要となりますので、レンタルするモバイルWiFiはデータ容量が大きいものを選んでおくと安心です。
目安として月間50GB以上あれば良いのではないかと思います。
 
 

まとめ

入院時にネット快適に利用するためにレンタルWiFiが役立ちますが以下の3つのことは注意しましょう。

  1. 病院でスマホなど使用の可否
  2. 病院の電波状況
  3. モバイルWi-Fiのデータ容量

 
CDJapan Rentalでは入院中の方にもレンタルして使っていただいている2つのプランがあります。
4G/LTEにに対応し、電波状況もよく、大容量なので入院中に動画などをみても安心して使えます。
大容量・高速通信 レンタルWIFI

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です