一人暮らしのネットはレンタルWiFiがおすすめ

一人暮らしWi-fi
40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年12月09日15:00まで
40%OFFキャンペーン!大容量レンタルwifi

一人暮らし向けのインターネット回線として「モバイルWiFi」がおすすめです。
最近ではテレワークなども増えて自宅で仕事をする機会も増えてたという方も多いと思います。
自宅にいる時間も増えたので、固定回線も検討している人も多いと思いますが、
オンラインで格闘ゲームをしたり、4Kで動画をみたりなど、超高速のPing値、高画質・大容量のデータが必要な人を除くと、モバイルWiFiの方が一人暮らしにとってメリットが大きいと思います。

 

今回は、一人暮らしにモバイルWiFiが最適な理由を取り上げたいと思います。
 
 

一人暮らしにモバイルWiFiがおすすめな2つの理由

いつでもどこでも使える

モバイルWiFiは自宅だけでなく、外出先でも高速の大容量通信が可能です。
光回線を契約することで自宅の通信環境は整いますが、自宅にいる時間はそれほど長くない人も多いと思います。
通勤している間、会社でなど、その時間を考えると光回線の費用はすこし高く感じる人も多いと思います。
モバイルWiFiなら持ちあることが前提なので、一人暮らしにモバイルWiFiが向いている大きな理由の一つです。
 

通信料金の節約

モバイルWiFiを持つことによって、スマートホンのデータ容量はそれほど使う必要がなくなります。
スマホの料金プランも見直すことで、大幅に月々の通信料金を節約できるようになります。
 
 

一人暮らしにおすすめなモバイルWiFiの選び方

データ通信の容量が明確なWi-Fiを選びましょう

「パケット無制限」を謳ったクラウドWiFでは、パケットに上限を設けなかったがために一部のユーザーが大量にデータ通信を行われ、サーバー上のデータ容量が枯渇し、通信障害に陥ってしまいました。
無制限のWiFiを提供しているサービスは同じような事態にならないよう一定以上の通信を行ったユーザーに対しては速度制限を設けて、データ容量の枯渇を防いごうとしていますが、明確な容量がわからなかったり、「無制限」を前面に出していたため、制限をされたユーザーからは不満の声が多く聞かれました。
データ通信は無限ではなく、有限です。
きちんと、一人ひとりが快適に通信ができるための上限値を定めたサービスを利用しましょう。
 
 

活動エリアが繋がるか確認しましょう

WiMAXなど周波数が高いサービスは速度が早くなる分、エリアが狭くなり遮蔽物に電波がさえぎられてしまうという特性があります。住居の場所、通勤中や自分が活動する場所が圏外にならないか、電波が弱くないか、モバイルWi-Fiを契約する前に確認しておきましょう。
 
 

解約について把握しましょう

WiMAXやポケットWi-Fiはオンラインで契約申し込みもできますが、解約に関してはかなり手間な場合があります。更新月以外の解約をする場合は、解約金や違約金が発生するケースがほとんどです。申込みと同様に簡単に解約できるのかきちんと確認しておく必要があります。
モバイルWi-Fiの事業者によっては、解約手続きを解約させないためにわざと手間にしているところもけっこうあります。
 
 

一人暮らしにレンタルWi-Fiもおすすめ

モバイルWi-Fiの契約は基本は3年契約です。それほど長い期間を契約をしたり、解約の手間を考えるとレンタルWi-Fiはとても便利な選択肢だと思います。

違約金・初期費用なし

期間の料金を支払うだけです、余計なコストは一切かかりません。

設定の必要なし

SIMカードをWi-Fiルーターにさして、APNを設定するというような手間はいっさいなく、受け取ったらすぐに使えます。

手厚いサポート

レンタル期間中は使い方や通信についてサポートをうけることができます。

1年以内のりようであれば、一人暮らしにはレンタルWi-Fiという選択肢も良いのではないかと思います。

CDJapan Rentalでは大容量・高速通信のWi-Fiレンタルをサービスを行っております。
違約金や初期費用はありません現在、最大40%OFF中です。
大容量・レンタルWi-Fi
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です