日本通信 通話かけ放題+3GBの格安SIM 「合理的かけほプラン」2480円/月を発表

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月15日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

日本通信は、音声通話とデータ通信の両方を原価ベースで調達可能になったことで実現したとする「合理的な携帯料金プラン」の第1弾サービスとして「合理的かけほプラン」を7月15日13時に受付開始しました。

 

通話料金の4割削減を目指していた日本通信は、2019年11月にNTTドコモの音声通話サービスの卸価格について総務大臣に裁定を求める申し入れを行い、2020年6月30日に総務省は「適正な原価に適正な利潤を加えた金額を超えない額で設定する」と日本通信の主張を認めました。
これによって、原価に近いかたちで音声通話を日本通信が仕入れられるようになり今回のサービスが開始される運びとなりました。
 
 

音声通話はかけ放題

「合理的かけほプラン」はドコモMVNOとして提供されるSIMで、国内での音声通話はかけ放題となっています。
日本通信がかけ放題をはじめることによって、他のMVNO業者も格安SIMにかけ放題プランが今後入ってくる可能性は十分あります。
 
 

データ通信

データ通信は、月間のデータ使用量が3GBを超えると1GBあたり250円の「おかわり課金」を自動適用されます。
利用者はその月の上限値をあらかじめ設定できるようになっており。
月に10GB使っても7GBの1750円が基本料金に加算されるようになります。
「実際の支払いはデータ使用料に応じた分だけという合理的な携帯料金」
 
 

MVNEとしての日本通信

MVNO事業者に音声通話がかけ放題を取り入れたことや、原価に近い形で仕入れられるようになったことはメリットとなりますが、利用者や利用する法人には安い価格で提供できるという点では、それほどの目新しさはないかもしれません。
 
日本通信MVNEというMVNOを支援する側面もあるので、安定した通信やサービスをMVNOにも提供できるようになっていってもらいたいなあと思います。
 
 
日本通信SIM
MVNE(MVNO・格安SIM業務委託)
電気通信事業法第39条において準用する同法第35条第3項の規定に基づく日本通信株式会社からの申請に係る裁定
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です