ブルーライトは目に悪い!?スクリーンタイムが増えても目を守ろう!

最近、目が痛くて疲れているという方、ブルーライトの影響かもしれません。

テレワークで自宅で仕事をしていると、通勤時間が減っている一方、在宅で仕事をする時間が増えます。
先日、毎日新聞がの調査では通勤時間より勤務時間が長くなったという人の割合は
1,000人の回答によると
男性は、58.4%で
女性は44.6%でした。
毎日新聞調査

パソコンのモニターを見ている時間は自宅で仕事となったからだけではなく、外出自粛でも増えました。

新型コロナウィルス感染拡大防止のために、働き方は大きく変わり、また、私たちの日常にも変化を与えました。
パソコンを使っている時間も増えたので、生活習慣を注意する必要があるとおもいます。

パソコン利用が増えることで目に与える影響は少なからずあります。
ブルーライトという言葉を知っている人も多いと思います。
ブルーライトはどういうものか、目に与える影響などを説明していきたいと思います。
 
 
 

ブルーライトというのは

画像:https://www.teluru.jp/posts/353

名前通り青い光という意味ですね。

ブルーライトを説明するには、まず可視光線を簡単に説明します。
可視光線は人間の目に見える光で、虹の赤から紫までのスペクトルです。ブルーライトは可視光線の中で、波長 (nm) が短く380nmから500nmとなっています。
長い波長の赤は800nmです。
波長が短ければ短いほど人間の体に、目も含めて、悪影響を及ぼす恐れがあります。

ブルーライトは人工のようなものだとよく思われていますが、本当は違います!
ブルーライト太陽からも出ている光の一つです。
なぜ、ブルーライトは人間に大きな影響あるかというと、人間がもともと日にちの時間の流れを感じれるようになってきたのは、体が光の受容の認識できたからです。
生物の覚醒と睡眠の24時間周期となる体内時計を人間はもっています。
太陽が上がってブルーライトを浴びせている時、人の脳はそれを活動する合図として受け取っています。
 
 
 

ブルーライトを浴びすぎると, このリスク


現在のブルーライトを発生している機器は数えられないぐらい多くなっています。
スマホ、パソコン、テレビなどの画面あるものはたいていブルーライトを発しています。

毎日、オフィスでは8時間以上パソコン作業行なっていますよね。
その上、通勤の時スマホを触って、帰ったてテレビみて、
毎日平均的に10時間以上ブルーライト浴びている人が多いと思います。

デバイスの仕組みによって、ブルーライトの量は変わります。
環境に優しいイLED [発光ダイオード] とCFL [電球型蛍光灯]はエネルギー効率はいいですがブルーライトは強めです。

毎日いろいろなところでブルーライトに触れていることを少しは理解出来たかと思います。
多いと思いますでしょうか。

以下のようなことが起きている人は、ブルーライトが原因かもしれません。

  • 寝つきがよくない、不眠症
  • 目の疲れ、痛み、ドライアイ
  • 硬膜破壊
  • 頭痛

もし症状がありましたら、まずお医者さんや眼科に見てもらうのがすぐに必要です。
その上に、ブルーライトの影響を減らすために、生活の改善できる、製品をつかうのもいいかもしれません。
 
 
 

ブルーライトから目を守るガジェット

ブルーライトカットのメガネ


すでにメガネをかけるている方は新しくレンズを買うときにこれを買うのもいいかもしれません。
そうすると生活変えず目の守りアップできます。
メガネをかけない方はパソコン作業用のメガネもあります。
2,000円程度購入できるので、そこまで負担にならないのだと思います。

楽天の一番光カットメガネの、mujina PC Glasses は税込で1,980円です。
四色から選べることができますので、ファションの一部として楽しめるのではないでしょうか?

購入はこちらから
 
 

スクリーンフィルター


メガネがきになる方はスクリーンフィルターをオススメします。

弱点として、見た目が気になるところです。
また、複数のデバイスにいちいちこれをつけるのはめんどくさいと感じる人もいると思います。
ブルーライトをカットするメガネに比べるとより値段も割と高くなっています。
ブルーライトカットとパソコンの保護を両方認める方にはとてもオススメします。

購入はこちらから
 
 
 
 

最後に

ブルーライトの紹介いかがだったでしょうか。
ブルーライトはどういうものかを理解した上、ブルーライトを浴びすぎることを避けて目を守るために生活改善していきましょう。
 
 
 

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です