接触確認アプリ cocoaをインストールしておきましょう

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月15日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

厚生労働省は2020年6月19日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」をリリースしました。
スマートフォンにインストールしておくことで、陽性者と接触した可能性を通知したり、検査の受診など保健所のサポートをすばやく受けることなどができます。
 
 

cocoaの機能

 

15分間、1メートル以内で接した人を記録

新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」をスマートフォンにインストールしている人同士が1メートル以内で15分間接した場合の接触を記録します。
新型コロナウイルスが陽性と判断された場合にこのアプリに登録可能で、最近接触した人のなかに陽性登録した人がいたら通知される仕組みです。
 
 

個人情報を取られる心配はなし

Cocoaには、氏名や電話番号などの個人情報やGPSなど端末の位置情報は記録されず、暗号化された状態で匿名でユーザー自身の端末にのみ記録されます。
この情報を行政機関や第三者が把握することはできず、情報は14日後に自動的に削除されます。
 
 

Cocoaの名前の由来

あんまり重要でない情報ですが、Cocoaの名前は
以下の頭文字を撮ってつけられているようです。
COVID-19 Contact-Confirming Application
 
 
 

自分でできる新型コロナ対策

他の国の対応は、国が個人の行動を監視して、移動した場所や接触した人を特定することで、新型コロナウィルスの感染の疑いのある人を監視して隔離などの処置が行われます。
 
Cocoaはまったくそのようなことには使われません。
新型コロナウィルスの陽性反応が出た場合
自主的に登録することによって
濃厚接触があった人に通知が行くだけです。
 
嘘の登録ができないような仕組みは施されていますが
完全に個人同士の利用で運営されるようになっています。
 

COCOAを使うメリットは、
検査のサポート
早期の自己隔離により他人への感染を防ぐ行動を取れる
点です。
 

しばらくは新型コロナウイルス対策への取り組みが必要になります。
自分の身を守るため、そして、知人や家族への感染を防ぐため、
できる手段のひとつとして、接触確認アプリCOCOAを使っいましょう。
 

監視や管理されてではなく、
自分たちで守っていける成熟した社会になったほうがいいですよね。
 
このアプリをスマートフォンにインストールしておきましょう!
 

cocoa インストール

iOS
新型コロナウイルス接触確認アプリ
Google Play
新型コロナウイルス接触確認アプリ

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です