テレワークにおすすめな便利でコンパクトな机を紹介

テレワークがすすみ、仕事のやり方は変化しました。新型コロナウィルス感染拡大防止でテレワークは今や世界的な広がりとともに、新しいワークライフバランスとともに根付きはじめています。
私たちは今暮らしているアパート、マンションなどで、継続的に仕事を続けらる環境も必要になった人も多いと思います。都心など狭い部屋に住んでいる方かたなどにとっては、仕事環境に部屋を変えてしまうと、生活部分を犠牲にしてしまう場合もあるかもしれません。そんな場合のために、テレワークにも役立つ二つのコンパクトな机を紹介したいと思います。
 
 
 

机の選び方

まず、机の設置する場所を決めましょう。
机を設置することで、生活の邪魔にならないか?掃除がしやすいかなどは考慮しておくことが重要です。設置場所を決めたら、使える面積を計りましょう。それが決まったら、自分の体に合っている形を見つけましょう。床に座って机を使う人もいるでしょうし、立ちながら机を使う人もいます。仕事を長く続けられるために考えられている机がたくさんあります。
 
 
 

足一本のコップホルダー付きテーブル


値段:14,800円
特徴
パソコンとノートを置いても使える程度の大きさが便利です。テーブルの部分が広ければ広いほど部屋の置く場所を見つけるのが中々難しくなりますが、こちらの製品は設置が移動が簡単です。
他の家具と合わせてたり、ベッドに座っても利用できます。使い終わってから向きを逆にしてベッドサイドテーブルとして使うのことも可能です。

高さは一つのレバーで簡単に64.5センチから94.5センチまで調整できます。座って使うの当たり前ですが、最近の流行っているスタンディングデスクとしても利用するのはいいかもしれません。

この机にはUSBは二つのポートもあって、コンセントを二つもあります!
壁のコンセントが遠くても、コンセントケーブルが160センチなので安心です。

スマホと同時にパソコン作業するには電源って大事ですよね。

 
 
 

長細いスタンディングデスク


値段:6980円

デザインもとてもおしゃれでなスタンディングテーブルです。

オフィスの仕事でも利用する人も増えてきてます。スタンディングデスクの良いところは、生活病の一つのリスクでもある、座りっぱなしの状態にならないことです。ずっと座っていると内臓と背骨にはよくないそうです。立って仕事すると消化の方が良いし、猫背になりがちの人にはいいと言われます。
それを毎日の習慣にしたい人、こちらのスタンディングデスクはいかがでしょうか。
高さは100センチなので、は楽にパソコン作業できます。

テーブル自体は幅89×奥行45なので、ラプトップを使うのにもちょうどいいですね。

インテリアに合わせて、三色から選ぶことができます。
サイドテーブルとしてもオシャレですね。植物を上に置くとお部屋の自然感アップです。

 
 
 

まとめ

まずは一時的な解決としてではなく、長くうまく利用していける机を探しましょう。形、電源の仕組みなど考慮して、お部屋のインテリアに最適なものを探しましょう。
テレワーク始まってから机を買った方、または机の購入を迷っている方、お気に入った机をがありましあら、是非シェアしてください。
 
 
 

コメントを残す