決定!Windows 11が2021年10月5日にリリース。無償アップグレードも提供

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

Microsoftは2021年8月31日に次期OS「Windows 11」を2021年10月5日より提供開始すると発表しました。
10月5日には既存のWindows 10を搭載しているパソコンに対してもWindows 11への無償アップグレードが始まります。

Microsoftは今回のWindows 11について、デザインやサウンドが大幅に刷新され、マルチタスク作業の最適化、ウィジェットの追加による使い勝手の向上などが果たされている。

 

Windows11への無償アップグレードは段階的になる

ほとんどのWindows利用者は無償アップグレードをすることになるのだと思いますが、Windows11へ無償アップグレードは、Windows Updateで行なえるますが、Microsoftは安全に更新を進めるために、段階的に提供するアナウンスしています。ですので、現在Windows10がインストールされたパソコンが10月5日に時点でWindwos11になるということはないようです。
 
ちょっと残念ですね。
 
無償アップグレードは2022年の半ばまで実施されるする予定となっています。
おそらくは自動ではなく手動でアップグレードすることになると思いますので、興味のある方は2021年10月5日に試しましょう。
 
 

Windows 11へ更新できるかチェックするツール(プレビュー版)

Microsoftはアップデートされた「PC 正常性チェック」ツールをプレビュー版として「Windows Insider Program」のテスター向けに公開しています。このツールは利用中のPCが「Windows 11」のシステム要件を満たしているかをチェックするものですが、前回公開された際は、不適格と判定されてもその理由が明かされないなど、機能が十分でなかったことがユーザーの不満を招いて停止していました。今回、再び公開にいたりました。プレビュー版「PC 正常性チェック」ツールは現在、Webサイトから無償でダウンロード可能です。
 
アップデートされた「PC 正常性チェック」ツールはエラーメッセージが改善されており、アップグレードチェックが不合格になった際にその理由と、改善手順が記されたサポートページへのリンクが追加されています。正式版はテスターから得たフィードバックを反映させ、CPU要件の変更を反映させた後に提供が開始される予定となっています。
 
PC 正常性チェック
 
 

コメントを残す