iPhoneで撮影した写真はパソコンで開けない?HEIC拡張子の写真をJPEGに変換する方法

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

iPhoneのデータ容量(ストレージ)を減らすために、iPhoneの画像をパソコンへ移したことはありませんでしょうか?パソコンでiPhoneで撮影した写真を確認すると、「XXX.HEIC」のように、HEIC拡張子が付いていることが多いことに気がついたと思います。HEIC拡張子のファイルは閲覧できなかったり、編集できなかったり、サイトへアップロードできなかったり、困ったことはありませんが?その原因は一体何なのでしょうか。解決方法はあるのでしょうか。

今回は、HEIC拡張子をパソコンでも加工できるようにする方法について解説します。

 

「.HEIC」って何?

.HEIC」についてご紹介したいと思います。
「.HEIC」とは、High Efficiency Image File Format (ハイ・エフィシエンシー・イメージ・ファイル・フォーマット、略称:HEIF、ヒーフ、「高効率画像ファイル」)という画像ファイルにつけられる拡張子のことです。ウィキペディアによると、「.HEIC」の最大圧縮率は従来の拡張子の「.JPG」の2倍にまで高められるそうです。
「.HEIC」は高画質を保つまま、画像のファイルサイズが軽くなり、「.JPG」の容量の半分くらいに抑えられるようです。
2017年9月「.HEIC」がアップル社に採用され、iOS11から実装されました。

HEIC拡張子はWindows搭載のPCで見られるの?

iphoneの画像をMacOSへ移行でしたら問題なく画像を見られます。しかしながら、Windows搭載のパソコンへ移行する場合、画像を開けない、編集できなくなる場合があります。先ほどご紹介しました通り、HEICはより高レベルのファイル形式であるため、iOSまたはMacOSだけで利用するには問題ありませんが、Windowsはこファイルの新しい形式に対応できない場合があるからです。
Windows10のPCなら、「HEIF画像拡張機能」(ダウンロードはこちら)により開いて閲覧することができます。
どうすればWindowsPCで制限なしiPhoneで撮影した写真を操作できるのでしょうか?
それは、HEIC拡張子の画像を汎用性高いファイル形式のJPGに変換することが一番簡単は方法となります。

HEIC拡張子の写真をJPEGに変換する方法

オンラインサービスを利用

ここでオンラインでHEIC拡張子の写真をJPEGに変換できる無料サービスをふたつご紹介します。どちらでも簡単に「.HEIC」の画像をアップロードして自動に「.JPG」に変換することができます。アプリのダウンロードも不要なのでとても手軽く変換できます。

 

無料アプリを利用

ウェブサイトに写真をアップロードしたくない方に対して、無料アプリをダウンロードし、オフラインで変換することもできます。

「JPEG <-> PNG 変換 ~画像フォーマットを変換」という無料アプリがおすすめです。

アプリを開いて、変換したい写真を選んで、右上の変換して保存を押すと、ファイル形式を選択することができます。「.JPEG」か「.PNG」か、好きなファイル形式を選びましょう。

ダウンロードはこちら

まとめ

新しいファイル形式「.HEIC」を汎用性高いファイル形式「.JPG」に変換する方法をご紹介しました。
無料アプリやオンラインサービス以外、変換できる方法もあります。たとえば、PCでPHOTOSHOPを使って編集して変換、または直接に拡張子を変換して、「.HEIC」を「.JPG」に変換することもできます。ただし、コンピューターにあまり慣れていない方には、クリックだけで済む方法が一番簡単なんじゃないかと思います。

コメントを残す