auが20GBのオンライン限定プラン「povo 」を発表 2480円/月を発表

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2021年02月25日15:00まで
40%OFFキャンペーン!大容量レンタルwifi

auは2021年1月13日にを月間データ容量20GBを月額2,480円のオンライン専用の新料金ブランド「povo」を発表しました。20GBの中容量プランに関しては、docomoからは「ahamo」、softbankからは「Softbank on Line」が発表されており、auが最後にすこしだけ差別化を入れたプランを発表してきました。

 

「povo (ポヴォ)」の特徴


20GBが月額2,480円でご利用可能
20GB超過後でも最大1Mbpsの通信速度
オンラインに特化したシンプルな手続きを実現
eSIMにも対応予定
高速、大容量の5Gネットワーク (2021年夏予定)

追加オプション

データ使い放題:200円/24時間
データ追加:500円/1GB
5分以内通話かけ放:500円/月
通話かけ放題:1,500円/月

月額2480円で20GBというシンプルな料金設定に加えて必要なサービスを自在にネットで追加していくことができる。
 
 

auの「povo (ポヴォ)」が他社より競争力がある思える点

スマホを利用されている方の大多数は月間7GB以下のデータ容量という調査結果があります。
MMD研調べ
ahamoやSoftbank on LINEや今回のpovoに関しては、キャリアメールを必要とせず、20GB程度のデータ通信が必要で、店舗でのサポートがいらないような方向けのリテラシーがある程度ある方向けのプランとなっています。そのような方は基本的には電話よりLINEでの通話が多いのではないかとおもいます。そのような方向けに、5分通話がついているよりも、それはオプションで選べ、月額費用を抑えられる方が刺さるプランではないかと思います。
Softbank on LINEはLINEがカウントフリーになりますが、正直なところ、低速時で1Mbps程度がでる速度があるので、低速時でもLINEのビデオ通話以外はできるとおもいますので、Softbank on LINEのLINEカウントフリーはかなり弱い印象になってしまいます。
 
 

povoのトッピングというオプション

povoは今後、トッピングという形でベースとなる20GBというデータ容量にいろいろなプランを追加していけるとしています。
おそらくは、これに準ずる形で他社も追随してくるのだとおもいますが、現状でもし20GBのオンライン限定プランに入るのでしたら、povoが良いのではないかと思います。
 
 
povo
 
 

コメントを残す