2020年11月最新のM1搭載3種類のMac登場!性能とバッテリー持ちが大幅に向上

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年12月09日15:00まで
40%OFFキャンペーン!大容量レンタルwifi

2020年11月11日CPUがIntel製からAppleオリジナル「M1」を搭載した新しいMacが発表されました。

Appleオリジナル「M1」とは?


「M1」と呼ばれるチップは、iPhoneやiPad、Apple Watchで採用されてきたチップと同じ技術をベースとして開発され、電力効率を今までの3倍にしてバッテリーの持ち時間を大幅に伸ばしながら業界トップの性能を発揮するとされています。
スマホやタブレットと同じ技術をベースとしており、これまでは役割ごとに分かれた多くのチップを組み合わせてPCを動かしていたのを全て1つのチップで統合してうごかせるようになっています。また、1チップへの統合と同時に、消費電力の少ないコアと高性能なコアをうまく使い分けることで、今までにないほどの低消費電力が実現できるようになり、
AppleはM1が世界で最も高性能なCPUだと明言しています。
処理能力はこれまでより最大で3.5倍早く、以前のMac 3.5台分の処理能力が1台に収まるようになるということです。
ゲームや動画編集などを行うためにグラフィック性能が要求されますが、M1にはグラフィックスを処理するGPUも統合されています。このGPUの電力効率はこれまでの統合型GPUの2倍になっている上、CPUとGPUを一つのチップにおさめたものとしては史上最高レベルで高性能だということです。
 
 

M1搭載の最新Macは3種類

スペックが上がった構成のな新しいMacはMacBook AirとMac miniとMacBook Pro 13インチモデルの3機種です。

13インチ MacBook Pro


スペックは大幅に向上。
前世代と比べ処理能力は最大2.8倍高速に、グラフィックスは最大5倍高速。ファンを搭載しているので重量級のソフトを動かしても安定した動作が可能です。
バッテリーは動画再生で最大20時間も持ちます。すごい!
メモリは16GBまで、SSDは2TBまでというスペックも同じで、価格は据え置きで税別134,800円からになっています。
 
 

MacBook Air


処理性能は前世代の3.5倍高速に!。グラフィックスの処理は前世代の5倍!。複数の4K動画を滑らかに再生しながら編集できます。MacbookAirで動画編集できるって凄いですよ。
バッテリーは動画再生で最大18時間も持ちます。低消費電力なので冷却ファンがついいません。ほとんど動作音がしないMacBook Airです。
 
 

Mac mini


今回のアップデートで性能は前世代に比べて最高3倍になりました。グラフィックスは最大6倍も向上しています。Mac miniでも画像や動画などのソフトを快適に動作させることが可能になっています。コンパクトなのでいいですよ。Mac miniは
価格は72,800円からで前のMac miniよりも10,000円程度安くなっています。
 
 
自分はMacbook Airが欲しくなりました。
 
 
APPLE
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です