インターネット回線とプロバイダーの違いは何?

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月28日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

インターネット回線に申し込む際、「プロバイダ」と「回線」が必要です。それぞれは何を意味するのか、何の違いがあるのか、ご存知ですか?
今回の記事では、インターネットの回線とプロバイダの違いは何かを初心者にもわかりやすく解説します。
 
 

インターネット回線とプロバイダーの違いは何?

インターネット回線とプロバイダーの違いは、一言に言うと、役割りの違いになります。
 

インターネット回線の役割

インターネット回線は、文字通り、「インターネットに接続する回線」のことです。
インターネット回線はインターネットという場所にたどり着くための道路とも言われています。
現在一番人気になる「光回線」以外、「ADSL」、「CATV」、「モバイル回線」など三種類があります。回線業者と契約してからインターネットにアクセスできるようになるまで、「回線工事」が必要、その工事を行うスタッフも回線業者の方です。
 
 

プロバイダー役割

プロバイダーは英語の語源で、英語では「供給する」という意味のproviderと書いています。その役割りは、インターネット回線という「道」を利用してインターネットに接続するサービスを提供することです。
わかりやすく説明すると、入場券みたいなものです。プロバイダーと契約しなければ、たとえインターネット回線を契約してもその道を自由に利用できるわけではありません。
プロバイダーは「インターネット接続事業者」とも呼ばれます。
 
 

両方契約が必要だが、光コラボで1つの契約に

インターネットに接続するためにはインターネット回線とプロバイダー両方が必要となります。
インターネット回線がなければ、インターネットという世界へ通じる道がありません。プロバイダーと契約しなければ、その道があっても「入場」できません。
さまざまな回線事業者とプロバイダーが存在していますが、近年の主流は光コラボというインターネット回線とプロバイダーがセットで提供されるようになっています。
一つの契約でインターネット回線とプロバイダー両方と契約が可能となっています。
 
 

通信速度への影響:回線のほうが大きい

通信速度はさまざまな原因によって変わるのですが、利用しているインターネット回線に影響を受けやすいと言われています。

まずはインターネット回線の種類からの影響です。先ほども述べたように、インターネット回線には「光回線」「ADSL」「CATV」「モバイル回線」四つの種類があります。
ADSLなど一般のアナログ電話回線を使うとき、ノイズが多く、電話会社の基地局までの距離が遠ければ遠いほど、通信速度が低下になりやすいこともあります。
現在主流になる光回線はほかのタイプと異なり、ノイズに強く、基地局までの距離による伝送損失も発生しにくいため、高速で安定した通信が可能になります。

しかし、同じく光回線を使っても、業者によって通信速度が異なることもあります。下り速度が1Gbpsである回線を提供している業者もいて、契約すると10Gbpsの下り速度の回線さえ提供可能な業者もいます。
さらに、同じ業者と契約しても、プランによって通信速度も変わります。自分のニーズを考えて自分に合わせる業者とプランを選びましょう。
 
 

プロバイダーを選ぶ時のポイント

プロバイダーがたくさんあっても差はない!という噂もありますが、簡単に信じてはいけません。プロバイダーを選ぶとき、下記のポイントを注意しましょう。
 

プロバイダーの規模

「プロバイダーの規模が大きい」というのは急に通信切れや通信が不安定になってしまったことが少ないことです。大きいプロバイダーには通信障害などが決してないというわけではないが、通信障害の確率が少ないとは言えます。
 

サポート品質

プロバイダーのサポート品質を確認すべきです。最初のインターネット設定をするとき、通信が重くなったとき、もしコールセンターでサポーターを受けられるなら、不安も減らせるのでしょう。月額費用がやすいからといってサポートがあまりよくないところを選んだ場合、通信のトラブルが起きた時、解約するときなど、とても面倒なおもいをすることになります。サポートはとても大切です。
 

提供されるサービスの内容

インターネットサービス以外、時々プロバイダーはほかのサービスも提供しています。
スマートフォンとセットにすると料金が割引されるなど、プロバイダー独自のサービスがあるので、確認しておきましょう。
 
 

キャッシュバックなどのキャンペーン

入会時受けられるキャッシュバックなどのキャンペーンはプロバイダー業者によってさまざまです。きちんと計算して、その中で一番コスパがいいプランを選びましょう。
 
 

回線工事中のネットが使えない間はレンタルWi-Fiがおすすめ

新規光回線の工事には数週間から1ヶ月程度かかります。その間はネットが使えません。
そんな方にはレンタルWi-Fiがおすすです。
工事も設定もいらず、電源をいれたらすぐに高速大容量通信が可能です。
テレワークにも最適!短期大容量レンタルwifi
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です