SMS認証とは 役割やメリット・デメリットを解説

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月28日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

ソーシャルメディアの登録やオンラインで決済するとき、または銀行振り込みをする時に、スマートフォンに認証する番号が送られてきて、その番号を入力することで個人を認証するのがSMS認証です。手間ですが、これを導入するサービスが増えてきています。このSMS認証というのが、どういった役割を果たしているのか、SMS認証の内容やその役割、メリットやデメリットを紹介します。
 
 

SMS認証とは何か?

SMS認証とはShort Message Serviceを利用した個人認証システムを指します。SMSでは個人の電話番号あてに約70文字前後の短いテキストを簡単に送信できるという特徴があります。メールアドレスとちがって電話番号に紐づくため、SMSを読める端末がスマホなどに限られてくる特性があるため、本人であることを手軽に確認する方法として、FacebookやLINEをはじめ多くのIT企業が導入しています。
 
 

SMS認証の役割とメリット

SMS認証の役割は大きく分けて2つあります。
 

アカウントの乗っ取り防止

不正なログインを試みて個人のアカウントの乗っ取りろうとする行為が多発しています。この不正を防止するために、不明なログイン行為に対してSMSで通知をしたり、SMS認証を取ることで、アカウント乗っ取りを防止する役割を果たしてくれます。WEBサービスを運営している企業の多くは最近ではSMS認証を導入するところが増えており、不正なアカウント乗っ取り行為から顧客の個人情報を守る努力を行なっているのです。
 

大量アカウント取得の防止

SMS認証は、WEBサービスのアカウント大量取得を防止する役割も果たします。メールアドレスでアカウントを登録出来る場合は、ひとりで複数のアカウントを取得することが可能ですが、SMS認証を導入すると、電話番号に紐づくため、たくさんの電話番号をもっていないとアカウントを作成することができなくなるため、一人が大量のアカウントを取得するということを防止する効果があります。
 

導入が簡単

SMS認証は、電話番号のメッセージ機能を利用してテキストを送信する簡単な機能のため、個人のアカウントを保護のセキュリティーレベルを高めることができることから、企業側は高いコストをかけることなく導入できるメリットがあります。
 
 

SMS認証のデメリット

 

電話番号が変わると認証ができない

デメリットとしてよくあることですが、利用者が電話番号を変えた場合、SMS認証ができなくなります。
 

SMSが送れる機能が必須

データ通信プランなどではSMSが送受信できないため、SMS認証ができません。
最近では電話を殆ど使わない人も多く、データ通信だけで済ますという人もいるためこのような方には、SMS認証ができないというデメリットがあります。
 
 

まとめ

個人情報保護の観点から、最近では多くの企業がSMS認証を取り入れています。SMS認証はセキュリティー機能を高め不正なアクセスから個人のアカウント情報を守ってくれるメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です