クラウドWiFiってなに?ポケットWi-Fiと何が違うの?

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

クラウドWiFiというタイプのモバイルWi-Fiルーターがあります。DocomoやAu,Softbankが提供しているポケットWIFIと何が違うのでしょうか?
クラウドWIFIについて解説します。
 
 

クラウドWIFIは通信の仕組みが違う

私たちのがよく使うスマホ、ポケットWIFIは一つのSIMカードを端末に挿して通信をおこなっています。一つのWIFI端末に、一つのSIMというのが基本です。
しかしながら、クラウドWiFiは一つのSIMではなく、複数のSIMをクラウド上で管理し、データを振り分け、また、SIMを切り替えることが可能となっています。
分かりやすくいうと一つのWIFI端末に、複数のSIMカードが利用できる設定になっています。
 

クラウドWIFIのメリット

クラウドWIFIは複数のSIMカード利用できる仕様のため、繋がりにくいエリアに来た場合、繋がりやすいSIMにきりかえることがでるため、広い範囲で電波を掴むことができます。日本だけでなく海外でも通信が可能となります。速度制限になりそうなSIMを切り替えることもできるため、大容量のデータ通信も可能となります。
 

クラウドWIFIのデメリット

エリアが広くなったり、データ通信容量が増えるメリットもありますが、デメリットとしては、常に最適な通信状況を探すことになるため、高速移動するような場合、電波をつかみにくい傾向があります。
 
 

クラウドSIM技術を使うクラウドWIFIの今後

クラウド上でSIMが管理できるメリットとしては、エリアが広くなり、日本で使っているクラウドWIFIが海外でも利用できるというメリットがあります。また、SIMを切り替えることができるため、データ通信容量を増やせるというメリットもあります。
しかしながら、この技術はドコモやAUやSoftbankという通信会社が提供する通信をそのものではなく、通信会社からSIM仕入れて販売するMVNOに有利な技術であり、複数のSIMのデータ容量の無駄をなくすことができる技術です。
ドコモやAUやSoftbankの利益構造は通信容量をあまり必要としない人でも大容量プランなどを契約してくれることから生まれる差額が莫大な利益につながっている構造にあります。
そしてデータ通信を大量にしない人がいることは、大手キャリアにとっても、すべてのデータを消費されるわけでなく、あまりがでるので、大容量プランの価格を下げて提供できるようになっています。

クラウドWIFIのSIMのデータ通信容量を最適化する方法です。
SIMを提供する大手キャリアの利益構造にとっては、けしてありがたいことではないことでしょう。またすべてのSIMのデータ容量を使い切ってばかりいるというのも、大手キャリアとしては痛いところになります。
大手キャリアとしてはSIMではななく、帯域での契約をしてもらいたいというのが本音ではないでしょうか?
今後日本においては、クラウドWIFIのサービスが普及してメインになるのではなく、一部の大容量プランのサービスがプランは今後も増えてくるのではないかと思います。
海外利用では今後も堅調に利用され続けていくこともあると思います。
 
 

クラウドWIFIのレンタルはいかがでしょうか?


CDJapan RentalではクラウドWIFIを提供しています。モバイルWi-Fiをレンタルしてみませんか?

  • 月間150GB以上
  • 二年・三年の縛りはなし
  • 初期費用なし
  • 初期設定簡単
  • 延長は簡単な手続きで可能
  • 手続き軽量化
  • 保険が付いている
  • 返却はらくらく

在庫に限りがありますので、ご興味あるかたはお早めに!
レンタル期間の延長にもキャンペーンがありますので、ぜひこちらのページをご覧ください。

 
 
 
 

コメントを残す