デスクワークで腰痛!?腰の負担を軽減する座り方

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月15日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

オフィスで仕事をする場合は比較的席を移動する機会もあるとおもいます。
急に人に話しかけれたり、会議があったり。
そうった仕事を中断して席を離れる機会は、
仕事への集中力を奪いますが、
腰への負担は軽減してくれています。

テレワークで自宅作業になることでなくなって
集中して仕事ができるようになったと言う人も多いかと思います。

集中して仕事できるようになって
ずっと座った状態というのは、
腰への負担がかなり大きいそうです。
 
 

座っているだけなのに腰のリスク!?

座っているときは腰に上半身の体重や負荷がすべてかかってしまいます。
立っているときは、腰以外にひざ、股関節、足首などの関節がクッションの役割を果たし負担が分散されており
立っている時よりも座っている時のほうが、負担が大きいと言われています。
 
普通に座っているだけで、立っている時より約40%も腰の負担が増加し、
背中や腰を丸めるような座り方をすると、なんと約95%も腰への負担は増加するそうです。
 
座っているだけなのに腰痛になる理由は
座っている間にかかる腰の負担が大きいことが原因です。
 
 

腰痛を予防する座り方の3つのポイント

座り方に気をつけて腰への負担を減らしましょう。
腰痛を予防する座り方の3つのポイントです。

椅子に深く腰掛ける

椅子に深く腰をかけ、お尻がしっかり椅子に乗った状態を保ちましょう。

背もたれと背中の間の空間をなくす

背もたれと背中の間をなくすことが負担を軽減することになるため、背中と椅子の背もたれの間にクッションなど置いたりして、背筋が自然な位置に固定されるよう調整しましょう。

ひざの角度が90度

ひざの角度が90度くらいになるように椅子の高さを調整しましょう。
膝が曲がった状態は、猫背につながるので、膝の角度も重要なポイントです。

ずっと座り続けて姿勢を保つのは難しいですが、できるだけいい姿勢を心がけましょう。

 
 

腰の負担を減らすゲルクッション


ゲルクッション
¥2,399

ネット上では結構人気のゲルクッションです。
耐久性に優れたTPEジェル製で、長期間使いでも変形せず
クッション性が高く、腰痛や骨盤問題などに役立ちます。
通気性抜群で、座っていても蒸れにくくなっています。
長時間座り作業によって引き起こす腰痛や座姿勢の崩れ、坐骨神経痛、痔、骨盤問題などに役たってくれます。

 
 
ゲルクッションはいろいろなところがいろいろな種類が
販売しており比較的安く手に入ります。
 
ゲルクッションを使るだけでは安心というわけではありません。
人それぞれの体型や姿勢や仕事への集中度がいろいろからむことなので
腰への負担を取り除く方法はいろいろです。
 
 

デスクワークの腰痛を予防しましょう

テレワークなどで自宅で仕事をする機会がある人は、
長時間座りっぱなしの状態は、腰痛のリスクがあることに気をつけましょう。
ゲルクッションはもちろんいい商品ですが、
バスタオルを背中と背もたれの間に挟むというだけでも随分変わります。
適度に席をたって、ストレッチをしたり、
腰の負担を軽減して腰痛のリスクを抑えましょう。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です