楽天モバイルの0円廃止だが、料金を払っているユーザーにはメリットが増えている

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

2022年5月13日に楽天モバイルは、携帯電話の料金プランの見直しを発表しました。これまで月間1GBまでは無料でつかえるという無料プランが有名でしたが、7月1日からスタートする「Rakuten UN-LIMIT VII」では1GB未満も1,078円となり、「0円」が終了することになりました。このニュースがかなり話題となっていますが、0円で使っていたユーザーには大ダメージかもしれませんが、3GB超~20GBが2,178円、20GB超が3,278円というのは変わっておらず、むしろ、料金を払っているユーザーにはメリットが増えています。どんなメリットがあるのかまとめてみました。

楽天市場での買い物がポイント最大で6倍


楽天モバイルのユーザーは楽天カードなどを併用することで、楽天市場での買い物がポイント最大で6倍になります。料金プランの内容が変更される7月より1ヶ月早く6月1日から先行して実施される。

楽天のコンテンツが無料で使える


楽天マガジンやRakuten Music、NBA Rakuten、パ・リーグSpecialと言った楽天グループのコンテンツの初回契約無料期間を31日や3カ月といった長期間に設定され、無料期間終了後も利用料の割引や大幅ポイント還元を恒常的に行なわれる。

楽天のキャリアメール


これはそれほど重要でないかもしれませんが、楽天のキャリアメールなども利用できるようになります。

有料会員はお得に

楽天モバイルが改悪だと言われますが0円で使えるというところがむしろおかしかっただけで、有料化することで、他社と横並びになることでサービスでの競争がされてくると思います。楽天モバイルもそれを見越して有料会員向けのサービスを強化指定来ていることともいます。楽天モバイルも有料化することで、収益性があがり、サービスを強化をしていうことにもつながっていくことなので、プラチナバンドを持たない楽天が5Gでの通信が当たり前にできるようになってくる数年後にはかなり力をつけてきているかもしれません。

楽天モバイル

コメントを残す