デスク周りを明るく照らす無線で便利なデスクライト

夜、本を読んだり、勉強するとき、部屋の明かりが明るすぎるよりも、スタンドライトなどの明かりだけに頼って必要な部分だけが明るい状態をつくることが、とても簡単に集中環境を作ることができるのだそうです。
例えば、映画館では、周りが暗い中でスクリーンの光が目に入ってくるので、否が応でも映画に集中してしまいます。この映画館効果が、スタンドライトを使った集中環境にはこの現象が同様にあるそうです。真っ暗、あるいは薄暗い周りには気を取られず、ライトで照らされた机の上だけに集中することでき、勉強が捗るようになり、周りが見えづらい、見えないことによって目から入ってくる無駄な情報量が減り、脳はその分さらにに集中できるようになるというのです。今回は、夜にデスク周りを明るくするしてくれる便利なデスクライトを紹介したいとおもいます。
 
 

コードレスなデスクライト

 

Baseus デスクライト

¥3,199
無調節可能な明るさ&3色設定可能:タッチコントロールにより、ワンタッチするとオン/オフにし、長押すと100%~10%の照明輝度を調整できます。USB充電可能&電池内蔵:読書灯が内蔵電池(1800mAh)があり、配線不要ままに使用できます。USB充電式のタイプで4~5時間でフル充電されて、卓上ライトは4~24時間に使うことができます(使用時間は輝度設定によって、低輝度約24時間、中輝度約8時間、高輝度約4時間)。内蔵電池は再利用でき、環境に優しい、持ち運びにも便利です。

 
 
 
 

WILLED 光調整できるLED読書ライト

¥2,699
ショートタッチで“オン”あるいは”オフ”にします。長押しで、ライトの明るさを調整することが可能です。無電極調光、メモリ機能が付き。前回の明るさを自動的に記録し、毎回の設置が不要です。超粘着マグネット吸着取付け式なので、任意に回転することができます。必要に応じて必要な照明角度に調整することができます。2000 mAhの大容量電池を内蔵、電池を別途買う必要がありません。

 
 
 
 

YiLaie LED木製読書灯

¥3,599
マグネットベースを採用しており、角度を自由に調整できるようになっています。また、スタンドから取り外して携帯用の手元ライトとして使用したり、ライト内部の磁石を利用して他のスチール面に取り付けて使用することもできます。SB充電に対応したベッドサイドランプで、タッチスイッチのデザインで、軽量・コンパクトに設計されています。 重さはわずか300gで、48時間(微点灯モード)の点灯を維持することができます。ブナ材を使用した木目調LED USB充電式壁掛け読書灯で、特許取得済みのユニバーサルマグネットボールデザインで角度を自由に調整できます。

 
 
 
 

夜の集中力をデスクライトで

夜に集中して勉強したり、作業をしたり、読書をしたりする際に、周りを暗くして、集中できる環境を作るのも重要です。デスクライトを使えば、省エネにもなり、無線のものであれば、使い勝手がいいので、便利です。
 
 
 
 

コメントを残す