iPhoneが決済端末になる「Tap to Pay」

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

Appleは2022年2月8日、iPhoneが決済端末になる「Tap to Pay」を、今年後半にアメリカで展開すると発表しました。

iPhoneをタップするだけの決済

中小企業から大規模小売店まで、加盟店が、iPhoneをタップするだけでApple Pay、非接触型クレジットカード、デビットカード、その他のデジタルウォレットをシームレスかつ安全に利用できるようになるそうです。

Tap to Pay on iPhone

 Tap to Pay on iPhoneは、決済プラットフォームやアプリケーション開発者が自社のiOSアプリケーションに統合し、決済オプションとして顧客企業に提供できるようになり、インターネット向け決済インフラの「Stripe」は今春、ShopifyのPOSアプリケーションを含む、自社の顧客企業に対してTap to Pay on iPhoneを提供する最初の決済プラットフォームとなる。

 その他の決済プラットフォームやアプリケーションについても、2022年後半に順次対応していく予定。

Tap to PayはNFC対応クレジットカードも使える

 Tap to Pay on iPhoneが利用可能になると、加盟店はiPhone XS以降のデバイスで対応するiOSアプリを通じて、非接触型決済の受け入れを機能をアンロックできるようになる予定。加盟店は会計時にiPhoneまたはApple WatchのApple Pay、非接触型クレジットカード、デビットカード、その他のデジタルウォレットを加盟店のiPhoneに近づけるよう促すだけで、NFC技術を使って安全に支払いが完了する。

Tap to Payの提供が始まれば、事業者は対応するiOSアプリを通じて非接触型決済を利用できるようになります。
会計時に、利用者がiPhoneまたはApple Watchをお店のiPhoneに近づけてもらうと、NFC技術を使用して支払いが安全に完了します。
非接触型決済を受け入れるために追加のハードウェアは必要がありません。決済のための道具がお店にはいりません。
Appleはまた、iPhoneでのTap to Payでは顧客の決済データは保護され、この機能を通じて行われる取引はすべて暗号化されるとしている。

お店側が別の決済端末を用意する必要がなくなり、iPhoneだけで決済が完結できるようになります。
まずアメリカで開始になりますが、日本でも展開されてくるでしょうから。便利になりますね。
Androidもこれに続く決済はだしてくるでしょうか?


Apple Tap to Pay

コメントを残す