Wi-Fiルーターにも寿命があるの?故障の症状と買い替え時期

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

お使いになられているWi-Fiルーターはいつから使用を開始したのか覚えていらっしゃいますでしょうか?
Wi-Fiがの通信が断続的に切断したり、Wi-Fiに接続しているのに通信速度が不安定なったりしという経験はありませんか?
Wi-Fiルーターにも経年劣化による寿命があります。寿命が近づいていると、さまざまな症状が出て、買い替えの時期になるのです。
 
 

Wi-Fiルーターにも寿命があるの!?

Wi-Fiルーターには、2種類の寿命があります。

  • 本体寿命(経年劣化)
  • 規格寿命

本体寿命

Wi-Fiルーターの寿命は約4~5年です。 つまり、4~5年の連続使用で、接続が不安定になったり、通信速度が低下するなどの症状が発生する可能性があるということです。

機種や端末にもよりますが、5年以上使えるものもあります。 しかし、Wi-Fiルーターの寿命は一般的に5年程度と言われています。
 
 

規格寿命

無線LANには様々な規格がありますが、一般的には規格が新しいほど通信速度が速いと言われています。 しかし、無線LANの規格変更の周期は約2〜6年で、古いWiFiルーターは新しい無線LANの規格に対応していません。新しい無線LANの通信規格が登場すると、過去に製造されたWiFiルーターの規格寿命が来たと考えられます。

現在、無線LANの規格は、以下のとおりです。

  • IEEE802.11b(最大通信速度11Mbps)
  • IEEE802.11a(最大通信速度54Mbps)
  • IEEE802.11g(最大通信速度54Mbps)
  • IEEE802.11n(最大通信速度600Mbps)
  • IEEE802.11ac(最大通信速度6.9Gbps)
  • IEEE802.11ax(最大通信速度9.6Gbps)

最新の無線LAN規格であるIEEE802.11axは、最大9.6Gbpsの通信速度を提供しています。 IEEE802.11axに対応していないWiFiルーターは、規格寿命を迎えていると言われています。

ただし、本体寿命とは異なり、規格寿命を迎えたWiFiルーターはより高速な通信を提供できませんが、まだまだ動作します。あまりハイスピードを要求しない場合は、既存のWiFiルーターをそのまま使用することもできます。
 
 

WiFiルーターを買い替えべきのタイミングは?

故障のような症状が現れ始めたとき

寿命が近いWi-Fiルーターはトラブルがしばしば発生するようになります。
たとえば以下のようなこと

  • Wi-Fi接続が途切れがちで不安定
  • ネットワークへ接続できない
  • 通信速度が遅い
  • 起動できない

などの症状がよく出れば、WiFiルーターを買い替えべきタイミングといえるでしょう。
 
 

メーカーの修理保証切れ

WiFiメーカーは通常、約1~3年の修理保証期間を設けています。保証期間内に上記のような症状が発生した場合は、まずメーカーに連絡して、無償で修理できるかどうかを確認しましょう。

ただし、保証期間外の修理の場合は、修理代がかかります。 安価で最新の無線LAN仕様に対応した新品のWiFiルーターが数多く発売されているので、修理費と新品料金をよく考えて、修理費を支払うか、新品を購入するかを決めることがおすすめです。
 
 

契約回線が変わり最大通信速度が変わった時

近年、光回線で提供可能な通信の最大速度が向上しています。 かつて最大でも1Gbpsしかありませんでしたが、今ではすべての光回線では1Gbpsが標準となり、2Gbpsを提供するところも出てきましたし、5Gbpsや10Gbpsまで提供できる光回線業者も出てきました。

より速い通信速度を求めて契約回線を乗り換える場合は、WiFiルーターもともに交換することをお勧めします。WiFiルーターにも速度制限がありますので、たとえ10Gbpsの最高速度を提供してくれる光回線と契約しても、最大1Gbpsしか出せないWiFiルーターを使っている場合、通信速度は最大1Gbpsしかなれません。
 
 

スマホやタブレットを買い替える時

最近、LTE・4G・5Gという単語を耳にしませんか?
(単語の意味がわからない場合は、この記事を参考にしてください。)

【一人暮らしのインターネット基礎】LTEとは?4G/3G/wifiとの違い

Apple社は2020年に「iPhone 12」、2021年に「iPhone 13」が発売され、ますます多くのスマホやタブレットが5Gに対応していきます。

5Gは、従来の4G通信よりも高速で安定した通信速度を実現できますが、スマホが5Gに対応していても、WiFiルーターが4Gにしか対応していない場合は、やはり5Gの高速通信を楽しむことはできません。そのため、新しいスマホやタブレットを購入する際には、より快適なインターネット環境を得るために、5G対応のWiFiルーターに買い替えることをおすすめします。

新しい通信規格が登場した時

先に述べたように、WiFiルーターは本体寿命以外、規格寿命もあります。 新しい規格が登場するたびに、旧規格にしか対応していないWiFiルーターは規格寿命を迎えます。 買い替えないと、通信速度は同じレベルのままで、新規格による速度向上は得られません。

特にスピードを要求していない人は、WiFiルーターを買い替えないかもしれませんが、高速通信を楽しみたい人には、新仕様が登場したら、やはりそれに対応したWiFiルーターに買い換えることをおすすめします。
 
 

外でも快適な通信を利用したい

どこでもつながりたいならレンタルWiFiが一番おすすめです。

モバイルWiFiという選択を考えた場合、WiMAXやポケットWiFiの契約が頭に浮かぶと思いますが、WiMAXもポケットWiFiも今の契約期間は3年となっており、期間が長いと感じる人も方も多いと思います。
契約時には初期費用もかかりますし、途中解約するの手間でコストがかかります。

数日から数ヶ月モバイルWiFiを使ってみたいという方はレンタルWiFiはおすすめです。

CDJapan RentalではレンタルWiFiのサービスを提供しております。
大容量でリーズナブルなプランもありますので、ぜひ、御覧ください。
 
テレワークにも最適!短期大容量レンタルwifi
 
 

コメントを残す