海外渡航者向け「ワクチンパスポート」発行開始 当面は書面、デジタル化も検討

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

厚生労働省は2021年7月26日、海外渡航時に新型コロナウイルスワクチンを接種したことを証明できる「ワクチンパスポート」の発行を開始しました。
 
海外で入国する際に発行された「ワクチンパスポート」を提示することで、防疫措置の緩和などが受けられるそうです。
現在の対象国対象は以下の通り、
イタリア
オーストリア
トルコ
ブルガリア
ポーランド
*韓国
*エストニア
 
 

ワクチンパスポート発行条件


ワクチンパスポートのイメージ
 
ワクチンパスポートは日本でワクチンを2回接種し、海外渡航の予定がある人を対象に発行されます。
申請はワクチンの接種券を発行した自治体の役所などで受け付け、パスポートや接種券、ワクチンを接種済みであることを示す「接種記録書」、マイナンバーが確認できる書類などの提示が必要となります。
 
神戸市は独自の取り組みとして、専用サイトからのオンライン申請のみ受け付けています。
感染対策の観点やデジタル化推進のためにもオンライン申請をほかでも導入してもらいたいものです。
 
ワクチンパスポートにはワクチンのメーカー、製造番号、接種時期、接種を受けた人の氏名や生年月日などを日本語と英語で記載されており、発行にかかる時間や手数料は自治体によって異なります。
 
厚労省はワクチンパスポートについて、渡航先で利用する予定がない場合は発行しないとしており、日本で証明が必要な場合は接種記録書などを使うよう呼び掛けています。
 
 
 

ワクチン摂取した人には日本国内での行動制限も緩和してもらいたい

ワクチンパスポートはいろいろ制限はありますが、日本でもワクチンを打ちたい人は自由に受けられるように数ヶ月で状況が変わってくると思います。ワクチンに反対する人も一定数はいますが、日本でもワクチン接種が完了している人にインセンティブが働くように、ワクチンパスポートでなくても、接種記録証明があれば、行動制限が緩和されるようになればいいなあと思います。
 
 

厚生労働省
 
 

コメントを残す