2021年7月14日ソフトバンクがeSIMの提供を開始 PixelやiPhoneなどが対象

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

ソフトバンクは2021年7月14日からスマートフォン向け通信サービスで、組み込み型のSIMカード「eSIM」の提供を始めました。
対応している機種は「iPhone XS」や「XR」以降のiPhoneと「Pixel 4」以降のPixelシリーズになります。

 

eSIMとは

eSIMは、ユーザーの契約情報などを遠隔操作で変更できる組み込み型のSIM。通常、スマホの通信プランを他のキャリアに変更するときには、スマホに搭載されているSIMカードを抜き出して、新しく契約する通信キャリアのSIMカードに入れ替える必要があります。しかしながら、eSIMの場合は物理SIMではないため、SIMカードの取替の手間が不要なります。QRコードなどから契約情報をスマホに書き込めばすぐに通信を始めることができるようになりま。
 
 

eSIMはこれから普及する

eSIMを巡っては、総務省が2020年に発表したアクションプランの中で、消費者が契約する携帯事業者を自由に選べるような環境を整えるため、携帯各社にeSIMの導入を呼び掛けていました。
これを受け、ソフトバンクはサブブランドの「Y!mobile」で2021年3月からeSIMの提供を開始していました。「LINEMO」においてもesIMを提供しています。

総務省は携帯電話会社の乗り換えを促進して大手キャリアの市場寡占を崩したいと狙っています。この一環としてeSIMの導入に積極的に動いており、総務省が2020年10月に公表した「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」でも「eSIMの促進」を取り組みの1つとして掲げています。
そして、ついにSoftbankでもeSIMを提供する運びとなりました。
 
docomoやauでも同様の流れが進み、来年にはeSIM対応の端末が増えてくるのではないでしょうか?
 
 
  

コメントを残す