Windows 11発表。2021年提供予定でWindows 10からは無償アップグレードができる

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

Microsoftは2021年6月24日午前11時(日本時間6月25日午前0時)より、「What’s next for Windows」と題したオンライン発表会を開催し「Windows 11」を正式発表しました。Windows 11ではユーザーインターフェイスを刷新するとともに、新機能も追加し、Windows 10に次ぐ新しいブランド名が与えられることになった。2021年内に搭載機の販売されることや、Windows 10からのアップグレードが開始される予定であることが発表されました。

 
 

Windows11 大きな改善

特に注目したいことしては以下の3つ。
 

デザイン


Windows 11では新しいユーザーインターフェイスが採用され。従来左下にあったWindowsロゴの「スタート」ボタンが、タスクバーの中央に寄せられたり、システムアイコンも変更され、カラフルで視認性が高いものになっている。
 

マルチタスク機能の改善

複数のアプリケーションを同時に利用する場合に便利なように、複数のウインドウを簡単に再配置できる機能などが追加されている。

Store機能が一新、Androidアプリもインストール可能に

Windows 11はAndroidアプリをサポートすると点はかなりのアップデートになると思います。「Microsoft Store」でAndroidアプリを探し、Androidスマホは不要で端末にインストールできる。
 
 
アップルの「App Store」やグーグルの「Google Play」に比べて、遅れをとっている自社のアプリマーケットの拡大を狙っているのでしょうけど、仕事などで使うことが多いため、操作がしやすくなり、またモバイルでも利用しているアプリをWindowsでも利用できるなっていくことで、利便性が向上していくような改善できそうで、期待できます。
 
 

Windows 11に対応するPCかどうかを無料でチェック

利用中のPCがWindows OSの新バージョン「Windows 11」に対応できるかシステム要件を確認できる「PC 正常性チェック アプリ」が公開されています。無料で利用できます。
Windows 11 対応・非対応 無料診断
 
Windows 11
 
 
 

コメントを残す