おすすめのWi-Fi6 対応のWi-Fiルーター

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年12月09日15:00まで
40%OFFキャンペーン!大容量レンタルwifi

Wi-Fiの新規格として2019年に登場したWi-Fi6。いろいろなデバイスがWi-Fi6の採用し始めて、iPhone11からWi-Fi6をサポートしたことでWi-Fi6に対応するデバイスが一気に増えてきました。
これから発売されてくる通信機器のはWi-Fi6に対応してきます。
Wi-Fi6は従来のWiFi比べると最大通信速度が1.4倍に進化しており、たくさんのデバイス接続しても通信速度が落ちず安定して通信ができるように工夫が施されており、非常に有望の規格です。
Wi-Fi 6についてはこちらの記事を御覧ください。
Wi-Fi6ってなに?初心者向けの徹底解説!

今回は、Wi-Fi6ルーターの選び方とおすすめのWi-Fi6ルーターを紹介していきます。
 
 

Wi-Fi6ルーターを選ぶ際に重要なポイント

以下の3つのことを理解しておきましょう。
もちろん、これら3つに対応していなくても用途によっては速度も速く問題ありません。
 

ストリーム数

Wi-Fiルーターのストリーム数(アンテナ数)が多いWi-Fiルーターの方が同時にたくさんの電波を飛ばせるため、たくさんのデバイスを同時に接続しても安定した通信ができるようになっています。
 

トライバンド

これまでのWi-Fiは2.4GHz帯と5GHz帯の電波の通り道を作る「デュアルバンド」という通信方式でしたが、5GHz帯が一本追加されて合計3本の電波の通り道となった「トライバンド」に対応するWi-Fiルーターに最近はなってきています。2車線から3車線の方が、渋滞が解消されるのと同様に
ディアルバンドよりトライバンドのWi-Fiルーターの方が、たくさんのデバイスを同時に繋いでも速度が落ちにくく、安定した通信が可能になります。
 

IPoE(IPv6)対応

IPoE(IPv6)対応のWi-Fiルーターを利用することで、インターネット回線の混雑が回避され、ネット回線が混雑しやすい時間の通信速度向上に役立ちます。IPoE(IPv6)に関してはプロバイダー側も対応している必要があるので、事前に契約しているプロバイダーがIPoE(IPv6)に対応しているかを確認しておきましょう。
 
 

Wi-Fi6対応のおすすめWi-Fiルーター

ASUS RT-AX92U

¥29,016
Wi-fi6対応のASUSのWi-Fiルーターです。
周波数帯クラス トライバンド
ワイヤレスタイプ 802.11ax
5GHz帯で4804Mbps、2.4GHz帯で1148Mbpsの通信速度を実現し、これまでの高速Wi-Fiルーターと比較しても約2.7倍高速です。
ASUS Wi-Fiルーターを繋ぎ合わせて家庭内の隅々までWi-Fiネットワークを構築可能です。
 
 

TP-LINK Archer C4000/A

¥16,851
Wi-fi6対応のASUSのWi-Fiルーターです。
周波数帯クラス トライバンド
ワイヤレスタイプ 802.11ax
WiFiの効率性を高めるスマートコネクト機能とエアタイムフェアネス機能を搭載し、たくさん繋げても抜群の安定性を保ってくれます。
10台以上のデバイスをWIFIに接続させて使いたいならこのレベルのものがあると安定して通信できます。
 
 

TP-LinkメッシュWi-Fiシステム Deco X20

¥11,600
WiFi6対応。広い場所もWi-Fiが途切れずとどきます。
メッシュWIFIとしてWIFI環境を作っていけるので、広い場所にこの端末を追加していくことでかんたんにメッシュWIFIの環境が構築できます。オフィスなどにも最適です。
スタイリッシュなタイプなので、ゴツゴツした感じが嫌な人はこのタイプのWIFIルーターもおすすめです。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です