Spotifyなどの音楽アプリはどのくらいデータを消費するの? データ節約策大公開!

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

音楽は、生活に欠かせないものです。 SpotifyやApple Musicなどの音楽配信サービスのアプリをつかっていつでもどこでも高品質な楽曲を聴けるようにしている人も多いとおもいます。 これらのアプリがどれぐらいのデータを消費しているか気になったことはありませんか? データを節約するにはどうしたらいいのでしょうか?

Spotifyなどの音楽アプリを使って音楽を聴く方法

ストリーミング

Spotifyを開き、曲を選び、再生を開始します。これは、音楽をストリーミングで聞く最も基本的な方法です。メリットは、音楽を選択した後、待たずにすぐに聴くことができ、スマホやパソコンのメモリーを消費しないことです。 ただし、インターネットに接続してデータを使わないと聴けないので、あまりたくさんの曲を聴くと早めにデータがなくなってしまうというデメリットもあります。

ダウンロード

ダウンロードとは、WiFi環境(または十分なデータがある場合)で、インターネットから端末に楽曲をダウンロードし、そのダウンロードした楽曲を聴くことを指しています。 何度聴いても通信量を消費しない、インターネットに接続できない時や電波が悪い時でも聴けるのが二つのメリットです。 ただし、ダウンロードした音楽を聴くことはできても、新しい音楽をデータ消費せずに楽しむことはできません。 また、たくさんの曲をダウンロードすると、端末のメモリーも消耗してしまうのでしょう。

また、音楽アプリの中には、ダウンロードするために有料会員になる必要があるものもあります。
 
 

Spotifyなどの音楽アプリが消費するデータ量

LINE Music、Apple Music、AWA、Amazon Musicなど、人気の音楽アプリはたくさんありますが、ここではSpotifyを例に説明します。

Spotifyの音質

Spotifyには4種類の音質があります。

  • 低音質
  • 標準音質
  • 高音質
  • 最高音質

最高音質は、有料会員にならないと選択できません。

あらかじめ曲の音質を選択しておくだけでなく、ネットワークの通信状況に応じてSpotifyが適切な音質を選択して再生する「自動音質」を選択することもできます。

各音質に対応する楽曲は以下の通りです。

低音質 24Kbps
標準音質 96 Kbps
高音質 160 Kbps
最高音質 320 Kbps

Spotifyのデータ消費量

1日に2時間音楽を聴くと仮定すると、1ヶ月の総時間は60時間となります。 音質ごとに消費されるデータ量は、一般的に以下のように考えられています。

音質 1時間使用 60時間使用
低音質(24Kbps) 10.8MB 648MB(約0.63GB)
標準音質(96Kbps) 43.2MB 2592MB(約2.5GB)
高音質(160Kbps) 72MB 4320MB(約4.2GB)
最高音質(320Kbps) 144MB 8640MB(約8.5GB)

Spotifyで音楽を聴くときのデータ節約方法

ダウンロードして聴く(Spotify Premium会員が必要)

最も簡単な方法は、ダウンロード後に音楽を聴くことです。 ダウンロードした音楽は、オフラインになっても聴くことができるので、データを多く消費したり、ネットワークの通信状態が悪くて音楽が途切れたりすることがなく、無制限に音楽を聴くことができます。

ただし、前述のように、もしデータを消費せずにSpotifyを聴こうとすると、ダウンロードされている曲しか聴けず、他の曲は聴けません。 また、ダウンロードに時間がかかったり、一定のストレージ容量を占めてしまうというデメリットもあります。。

Spotifyのダウンロード機能は有料会員にしか提供されていないため、Spotifyの無料会員の方にも向いていません。

音質を下げて聴く

Spotifyの有料会員にはなりたくないけどデータを節約したいという方は、低音質で曲を聴くことを検討してみてはいかがでしょうか。 1ヶ月間毎日2時間の音楽を聴いた場合、高音質の音楽を聴いたほうが低音質の場合よりも1ヶ月で7倍のデータ量を消費することになります。

月末になってデータが少なくなっている場合は、低音質の音楽を聴いてみるのもいいでしょう。

自宅でWiFiを使って聴く

今のように外に出なくなる場合、音楽を聴く場所は主に自宅になります。 自宅にWiFi環境があれば、スマホのデータを消費せずに音楽を聴くことができます。

自宅のWiFiは基本的にデータ無制限なので、データ量の消費を気にすることなく音楽聞きましょう。

しかし、外出先で音楽を聴きたい場合は、別の方法を考えなければなりません。

レンタルWiFiでいつでもどこでも音楽を聴ける

家でも外出先でも、いつでもどこでも高音質の音楽を聴けるようにしたい、でもスマホの通信量は気にしたくない、という方には、レンタルWiFiをおすすめします。

CDJapan RentalのレンタルWiFiは、月に最大150GBの高速通信量を提供しています(機種やプランによって異なります)。最高品質の音楽を1ヶ月間毎日24時間の音楽を聴いても、101GBだけのデータ量を消費したことになり、レンタルWiFiの150GBプランであればカバーできます。音楽好きの方は、レンタルWiFiをぜひ試してみるのはいかがでしょうか。

40%割引はまだ続いていますので、下のボタンをクリックしてチェックしてみてください。

アーティストの公式グッズをSpotifyで購入できるようになった

音楽会社のエイベックスは、2021年3月より、SpotifyやYouTubeのアーティストページに、アーティストの公式グッズを購入するためのリンクを追加しました。お気に入りのアーティストのグッズを購入したい場合は、アーティストのページにアクセスして購入することができます。 エイベックスは、老舗のオンラインショップであるNeowing(英語版:CDJapan)と提携し、世界150か国以上に配送可能な物流代行サービス「NEOlogi(ネオロジ)」を利用して商品を発送しています。

(出典:https://avexnet.jp/news/detail.php?id=1007045

コメントを残す