意外と知らない?0570番号のナビダイヤルは通話かけ放題の対象外で通話料金が発生する

2021年になり、ahamoなど廉価プランがスタートしMVNOの格安SIMもさらに料金が下がるサービスが登場してきて、スマホの料金が大きく変化してきました。大手携帯キャリアのプランには月額料金が安く、国内通話が一定時間かけ放題のものもあります。国内通話し放題のプランを申込みをしているからとってもも、一部の通話に関しては無料にならないものがあります。
国内通話がかけ放題にならない一つとして0570番号から始まるナビダイヤルがあります。

 

ナビダイヤルとは

ナビダイヤルとはNTTコミュニケーションズが提供するサービスで「0570+6桁」の専用番号で電話受付ができる発信者負担の有料通話サービス。0570番号への通話料金については一般的な携帯電話の通話料金の30秒20円の料金とは異なり、全国一律だったり、距離によって料金が変わったり企業側で選択する内容によって通話料金が変わってきます。有料通話サービスへの通話になるため、スマホの国内通話かけ放題プランに加入していても、通話料が発生してしまいます。
 
 

企業がナビダイヤルを使うメリット

ナビダイヤルを採用しているサービスは意外と多く、その理由としては企業にはナビダイヤルを利用することによるメリットが多くあるからです。完結にメリットをまとめると

移転などで電話番号を変えなくて良い

03番号などの固定番号を問い合わせ窓口用に利用していた場合は、オフィス移転に伴って原則的には電話番号を変更することになり、顧客へ電話番号変更など手間が発生します。0570番号のナビダイヤルはオフィス移転しても関係なくそのまま使い続けることができます。

自動音声など効率的な電話対応が可能

発信者にプッシュ入力をしてもらうことで、最適な拠点や担当者に電話をつなぐことができたり、自動音声で対応させたり、余計な電話取次ぎの手間が軽減され、コストを削減することができます。

こういったメリットによりナビダイヤルを採用する企業が多く存在しています。
 
 

かけ放題であっても、発信する番号には注意を

0570で始まるナビダイヤルは国内かけ放題のプランを申込みしていても、通話料金が発生してしまいます。
ナビダイヤルに発信するまえに、企業側が通常の市外局番の番号などももっており、それをWEBサイトなどでナビダイヤルとは別に顧客対応用として公開していることもあります。そういった番号がないかたしかめてから、電話をかけることで、通話料金を抑えることができます。

かけ放題プランだからといってもどの番号にかけても通話無料というわけにないきません。
ナビダイヤルようなよく利用されている番号があるので、電話を書ける場合には注意が必要です。
 
 

コメントを残す