新幹線で使用できる無料Wi-Fiまとめ!

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

仕事でインターネットを使い、出張が多い方は、出張中でもインターネットを使えるようにしたいと思うでしょう。
新幹線の中には、無料WiFiが設置されているものがあるのをご存知ですか?
今回は無料WiFiが設置された新幹線について、また、新幹線で無料WiFiはどのように使えるのかについてまとめました。

無料Wi-Fiが利用できる新幹線

東海道・山陽・九州新幹線:Shinkansen Free Wi-Fi

東京から九州の鹿児島まで新幹線で行きたい場合、どうやって行くのでしょうか?

答えはとても簡単で、新幹線「のぞみ」に乗れば、一本の列車で到着できます。

しかし、乗り換えこそしないものの、JR東海(東海道新幹線東京-大阪エリア)、JR西日本(山陽新幹線大阪-福岡エリア)、JR九州(九州新幹線福岡-鹿児島エリア)と、JR3社の管轄を通過することになるのをご存知でしょうか? 以前はこの列車には無料のWiFiがあったのですが、提供しているのはJR東海しかないので、新大阪を過ぎると自動的に切断されてしまうことになります。

また、東京-大阪間でJR東海が提供する無料WiFiを利用する場合は、事前にdocomo Wi-Fi、NTTフレッツポート、HOTSPOT、BBモバイルポイント、UQ_Wi-Fiとの契約が必要となります。

2018年7月から東海道・山陽・九州新幹線が共同で新たなフリーWiFiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」を開始しました。 スマホやパソコンでSSID「Shinkansen Free Wi-Fi」のWiFi電波を検索して接続し、メールアドレスで登録すると(SNSでの認証も可能)、東京から鹿児島までの全線で無料でWiFiを利用することができるようになりました。
事前に契約する必要もありません。

2020年3月までは、一部の列車や区間でしか提供されませんが、2020年3月以降は、「Shinkansen Free Wi-Fi」が全線で提供されます。これも山陽新幹線と九州新幹線の初めてとなる無料WiFiです。

このエリアで新幹線に乗ろうとしている人は、電車のドアに貼られているこのようなステッカーを探してみてください。

北陸新幹線E7系、山形・秋田・上越・東北・北海道新幹線:JR-EAST FREE Wi-Fi

JR東日本も負けてはいません。JR東日本の新幹線には、無料のWiFi 「JR-EAST FREE Wi-Fi」が全車両に搭載されており、2019年には既に全線開通しました。

「JR-EAST FREE Wi-Fi」は、当初、訪日外国人向けのサービスでした。 しかし実際には、日本人も外国人も、自分のメールアドレスで簡単に登録・利用することができます。

北陸新幹線は、東京~上越妙高間がJR東日本、上越妙高~金沢間がJR西日本の管轄となっているため、車両もJR東日本E7型、JR西日本W7型と分かれています。

JR EAST E7では「JR-EAST FREE Wi-Fi」を提供しています。

ただし、無料WiFiを確認のためどのタイプの車に乗っているかを確認する必要はありません。先ほどの「Shinkansen Free Wi-Fi」と同様に、JR-EAST Free Wi-Fiにも専用のステッカーがあります。

車のドアなどに貼ってあるステッカーを確認すれば、どのWiFiに接続できるかがわかります。

北陸新幹線W7系:JR-WEST FREE Wi-Fi

北陸新幹線は、JR西日本がW7型で提供しており、この型の車両で提供される無料WiFiは「JR-WEST FREE Wi-Fi」となっています。 どのタイプのWiFiが提供されているかを車のドアでステッカーを確認し、それを利用すればいいのです。

こちらは、「JR-WEST FREE Wi-Fi」のステッカーです。

無料Wi-Fiの利用方法

以下の手順で、無料WiFiを便利にご利用いただけます。

  1. スマホやパソコンのWiFiスイッチをオンにする
  2. ネットワーク一覧から「Shinkansen Free Wi-Fi」、「JR-EAST Free Wi-Fi」、「JR-WEST Free Wi-Fi」などのネットワーク名を選択する
  3. 利用規約を確認し、同意する
  4. 「インターネットへの接続」を選択する。
  5. 認証にはメールアドレス登録またはSNS認証(「JR-EAST FREE Wi-Fi」はSNS認証に対応していない)

無料Wi-Fi利用の際の注意点

各登録には有効期間があります

各登録は一定期間有効であり、その後は再度登録が必要となります。

3種類の無料WiFiの有効期限は以下の通りです。

  • 「Shinkansen Free Wi-Fi」21日間
  • 「JR-EAST FREE Wi-Fi」21日間
  • 「JR-WEST FREE Wi-Fi」8日間

ネットワークへの各接続には時間制限があります

ネットワークに接続するたびに、接続できる時間に制限があります。 制限時間を過ぎると、再度接続する必要があります。

3種類の無料WiFiには、以下のような時間制限があります。

  • 「Shinkansen Free Wi-Fi」30分
  • 「JR-EAST FREE Wi-Fi」3時間
  • 「JR-WEST FREE Wi-Fi」まだ不明

インターネットは常に利用できるわけではありません

無料WiFiは携帯電話用の電波を使用するため、通信網の状態が悪いと通信速度に影響が出ることがあります。 例えば、トンネルや遠隔地を通過する際に、通信が途切れることがあります。

短期間での限定的な使用

無料WiFiは公共の資源であるため、より多くの人に利用してもらうためには、アプリのダウンロードなど、短時間に大量の通信を行う人の通信が途切れてしまう可能性もあります。

新幹線のWi-Fiは不安定で困る方にはポケットWi-Fi

出張などされる方は、新幹線で無料のWi-Fiが使えるようになったとはいえ、低速だったり、接続が悪かったりで、移動中にネットが必要な場合は困ると思います。
そんな場合は、ポケットWi-Fiを利用しましょう。無料のWi-Fiよりも、速度など安定性は抜群です。

  • 無制限のWIFIで日本中どこでもつながる
  • 2年、3年縛りなし
  • 短期契約(1ヶ月から)
  • 期間の延長も自由自在
  • 面倒な初期設定無し

 

コメントを残す