ソフトバンク店舗でもサーポートが受けられる格安プラン「ミニフィットプラン+」を発表

iPhoneの画面をTVに映そう。apple純正のHDMIアダプターレンタル送料込みで1100円から レンタルはこちら

SoftBankは、小容量・低価格のミニフィットプラン+を2021年3月17日から提供開始することを発表しました。ミニフィットプラン+に加入することで受けられる長期継続特典(誕生月特典)も提供開始されます。
ミニフィットプラン+は、1年前に登場したミニフィットプランの実質値下げされたプランです。
 

ミニフィットプラン+概要

ミニフィットプラン+は、データ使用量に応じて3段階(1GB以下/2GB以下/3GB以下)の基本使用料が自動的に変動するプランです。
データ上限は3GBで、超過した場合は送受信時最大128kbpsに通信速度が制限されます。データ量の追加は可能です。
また、新みんな家族割は適用対象外ですが、回線数カウントはされます
料金プランは4G/5G共通になっています。利用データ量に応じた月額料金は以下の通りになります。
 

2-7ヶ月


 

8ヶ月以降


 

長期継続特典(誕生月特典)

SoftBankの契約から13カ月以上経過した場合、長期継続特典(誕生月特典)を受けることができます。
長期継続特典(誕生月特典)は、誕生月に毎年1,000円相当のPayPayボーナスを受け取ることができる特典です。
長期継続特典(誕生月特典)適用条件は以下の条件あ必要となります。
・契約者の誕生月の1日時点また翌月の1日時点で、対象プランに加入していること
・利用開始(契約月)から13ヶ月以上が経過していること
・個人契約のみ
 
 

価格やデータ通信容量はLINEMOがお得

「ミニフィットプラン+」データ通信容量や価格などを考えると、ソフトバンクのオンラインブランである月に20GBのデータ通信容量で、2480円の料金ですので、LINEMOの断然お得なプランと言えると思います。しかしながら、LINEMOはオンラインのみとなり、サポートなどはすべてチャットとなるため、ある程度は使い慣れている人向けは「ミニフィットプラン+」という選択肢になるとおもいます。
 
 

どんな人に向いているのか?

データ通信をあまり使わない人で、スマホのことがよくわからないというような方にとっては、店舗でのサポートが受けられる格安プランとなるため、「ミニフィットプラン+」がおすすめです。
 
 
ソフトバンク:ミニフィットプラン
 
 
ソフトバンクのサポートコストってこんなに値段下げても、やっていけるんですね。
 

コメントを残す