スマホのモバイル通信をオフにするとどうなる?出来るのことは何?

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年12月09日15:00まで
40%OFFキャンペーン!大容量レンタルwifi

スマートフォンのモバイル通信は、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャリアやMVNOと契約して行うデータ通信のことです。このモバイルデータ通信は、スマートフォンの設定でオン/オフを切り替えることができるようになっています。
 

スマートフォンの通信について

スマートフォンの通信は、電話である音声通話と、インターネットへ接続するデータ通信の2つがあります。
データ通信NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャリアやMVNOと契約して行うモバイルデータ通信と、Wi-Fiなどへ接続して行うデータ通信に分けることができます。
 
 

モバイルデータ通信をオフにするとどうなる?

モバイルデータ通信をオフにした場合、契約している通信会社の回線でインターネット通信ができなくなります。
しかしながら、Wi-Fiに繋げることで、データ通信はできてWEBサイトをみたり、SNSをつかったり、通信は可能です。
そして、音声通話やSMSの送受信も可能です。
 
 

モバイルデータ通信をオフにすると『できない』こと

契約している通信会社の回線の通信が通信が遮断されるだけです。WIFIが使える環境であれば、WIFIに接続することで、普段の利用と変わらず通信はできますが、WIFIがない環境では、通信が必要となるWEBの閲覧やSNSなど何もできなくなります。
 
 

モバイルデータ通信をオフにするメリット

モバイルデータ通信をオフすることで得られるメリットとしては、速度制限にならないために、通信キャリアの回線のデータ通信量を節約出来る点があります。
モバイルデータ通信をオフにしておけば、携帯電話会社の通信は一切行わなくなるので、「データの無駄遣い」を防ぐことができます。
オフ状態でも電話はつながっていますから、メールやSNSでは送らないような大事な連絡には対応できますし、Wifiにつなげることで、モバイ通信をONにしているときとできることはほとんど変わりません。
 

音声通話の着信・発信も「オフにしたい」

音声通話の着信・発信もオフにしたい場合は、機内モードをオンにすることで、音声通信での着信や発信もオフにすることが可能です。
 
 

スマホが通信を節約するならモバイルデータ通信をOFFに

月末近くで速度制限になってしまいそうで通信を制限したい人は、モバイルデータ通信をオフにすることで、契約している通信回線を使わなくなります。
WIFIが使えるならできるだけ、モバイルデータ通信OFFにしても支障なく、スマホは使えますので、もし、データ通信容量をすこしでも節約したい場合はモバイルデータ通信をオフにしてWIFIを使いましょう。
 
 

レンタルWi-Fiをためしてみませんか?

モバイル通信をたくさん使えるプランは割高なものがおおくなってます。とくにドコモ、Au,Softbankのキャリアの通信は1GBあたり1000円します。モバイルWIFIをりようすることで、通信費を節約することが可能です。さらにレンタルであれば、3年契約などの縛りもなく、必要な期間だけりようできます。
 

レンタルWi-Fi

期間を選べる
モバイルWiFiは3年縛りがありますが、数日から数ヶ月など自由に期間を選べます。
 
サポートが手厚い
光回線やWiMAXやポケットWiFiのコールセンターへ電話したことありますか?
すごく手間ですよね。レンタルWiFiの場合は端末や通信を事業者がきちんと管理しており、手厚いサポートも受けられます。

一人ぐらしの方や、これからしばらくの間WiFiがほしいという方レンタルWi-Fiはいかがでしょうか?

レンタル期間の延長にもキャンペーンがありますので、ぜひこちらのページをご覧ください。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です