テレワークに使われる主要ビデオ会議に必要なデータ容量

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2020年9月23日 17:00から2020年10月15日15:00まで
40%OFFキャンペーン!短期大容量レンタルwifi

テレワークになっても、必須なことはコミュニケーションです。コミュニケーションを円滑にするために、ビデオ会議用のアプリとしていろいろなサービスがあります。企業によって利用するアプリは違うと思いますが、テレワークにおける必須のコミュニケーションツールになっているのではないかと思います。
 
ビデオ会議をする際にどれぐらいのデータ容量が必要とされるのかを調べてみました。
 
 

主要ビデオ会議に必要なデータ容量

1時間あたりに最低限必要とするデータ容量です。スマホで使用した場合です。

アプリ名 1時間あたり必要なデータ容量
ZOOM 600MB
MicroSoftt Temas 800MB
Google Meet 36MB
Skype 120MB
LINE 600MB
Google ハングアウト 1.5GB
Facebook Messanger 360MB

それぞれのアプリは通信状況などを判断し、画質を下げたりしてくれるので、実際はもうすこしデータ容量が減る場合もありますし、増える場合もあるとおもいます。
どのアプリを使用するかによって変わってきますが、1時間あたり1GB程度は必要になってくると考えておくことが必要なデータ容量を計算するときに役に立つのではないでしょうか?また、パソコンを使用する場合はもう少しデータ容量は必要となると思います。
 
 

WiFiは月間で50GBが目安

WiFiをつかってビデオ会議をしたり、メールの送受信やいろいろな通信を行うことがあるとおもいます。
ビデオ会議では1日1時間で月間で20時間程度、会議をしたりすると20GBから30GB程度のデータが必要となってくると思います。
20時間もビデオ会議をするというのは、非効率ですので、見直すポイントではあると思いいますが。
WEBサイトをみたり、メールやファイルの送受信を考えると、テレワークで必要なデータ容量は50GB程度を考えておくと十分なのではないかと思います。

 
 
CDJapan Rentalではもっと大容量のWi-Fiを提供しております、セキュリティ面のWAP2で保護されており、外出先でしようするのも安心です。
テレワークでWiFiをつかいた場合はご検討ください。
テレワークにも最適WiFiレンタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です