総務省が社会人向けのデータサイエンス入門を無料開講

40%OFF SoftBank WiFi Welcome Backキャンペーン
レンタル期間が14日から60日までのSoftBank WiFiプランは40%OFFになります。
申込期間:2021年02月25日15:00まで
40%OFFキャンペーン!大容量レンタルwifi

総務省は2021年1月12日開講予定の「誰でも使える統計オープンデータ」に先駆け、「社会人のためのデータサイエンス入門」を開講しました。登録料や受講料は無料です。
 

社会人のためのデータサイエンス入門

「社会人のためのデータサイエンス入門」では入門編として、統計学の基礎やデータの見方・データの取得方法などを学べようになっています。
統計学の基礎を学ぶことで、活用編の「誰でも使える統計オープンデータ」をより効果的に受講できるという。
コースは4週にわけられています。
 

第1週

社会でデータがどのように活用されているかについて、実際のデータを用いた分析事例を紹介。
 

第2週

データを理解し、分析する際に必要な統計学の基礎について学ぶ。
 

第3週

日ごろ目にすることの多いデータの見方について学習する。
 

第4週

誰もが入手可能な公的統計データをインターネットで簡単に取得する方法について説明してくれる。

【「社会人のためのデータサイエンス入門」概要】
・前提条件:特になし
・課題内容:各週確認テスト 選択式の問題(7問程度)、最終課題 選択式の問題(20問程度)※2020年5月19日に開講した講座の課題と同じ内容。
・修了条件:本講座では「修了証」は発行されない。
・学習時間:4週間 ※ 本講座はWeek1~Week4までの講義動画および課題、解答・解説が開講日に一斉に公開される。
 

社会人向けのデータサイエンス入門
 
 
2021年1月12日から開講する活用編の「誰でも使える統計オープンデータ」も、すでに受講者の募集を開始しています。
こちらも登録料および受講料は無料。開講は2021年3月8日まで。
「誰でも使える統計オープンデータ」社会人・大学生に統計オープンデータを活用したデータ分析の手法をわかりやすく解説するという。
誰でも使える統計オープンデータ
 
 

データサイエンスの重要性

データを分析して、さまざまな意思決定をサポートする役割を果たすデータサイエンス。データ収集と活用しやすいフォーマットへの変換、プログラミング言語を用いた分析など、データを分析して活用することが重要になります。ビッグデータを活用したマーケティングは、昨今のビジネストレンドとなっています。
社会人になるとなかなか新しい領域での学習する機会が減ってしまいます。無料の講座でありつつもしっかりした内容になっており、今後の重要性がましてくるデータサイエンスの分野への少しでも理解や関心のきっかけとなるかもしれませんので、受講してみるのはいかがでしょうか?
 
 

コメントを残す